×な土地、安くても決して買ってはいけない土地

↓ZERO-CUBE STEP FLOOR2階キッチンに立った奥様の目線 全方位360°パノラマビュー↓

「×な土地」、すなわち、

「安くても決して買ってはいけない土地」をお話しします。

4394359少しショッキングな内容ですので、ビックリしないでくださいね。

「こんな所、よく買ったね」と言う話を、時々聞きます。

よく注意すればわかるのに、よほど買い急いだのか、それとも、不動産業者の口車にのせられて買ってしまったのか、いずれにしろ、ちゃんとみておけば、買わずに済んでたのです。

あなたががそうならないために、安くても買ってはいけない土地について話します。

まず一つ目は、給排水が整備されていない(できない)土地です。

これは、結構あります。

ある程度費用をかければ、整備できる土地と、お金かけても整備できない土地があるのです。

実際の例で言うと、二つのパターンがあります。

  1. 今まで使っていなかったから設備していないという土地
  2. 本来は整備しないといけないのに整備せずに使っていた土地

後者は、お金がかかるので、整備しなかった土地です。

できれば、避けたほうがいいです。

それで、あなたは、不動産業者に、「給排水は整備されていますか?」と尋ねて下さい。

もし、出来てないなら、費用がどれくらいかかるかを聞いてください。

二つ目ですが、周辺に嫌悪施設がある土地です。

一般的に、このような施設がある周辺の土地って安いです。

何を嫌悪施設と呼ぶかは、価値感によるのですが、近くに火葬場がある場合などです。

この場合は、たとえ隣になくても、匂うようだといやです。

ですから、どうしても選ばねばならないとしたら風向きも要チェックです。

また、臭いと言えば産廃処理施設です。

これは、風向きにもよるのですが結構離れていても匂います。

地域住民が署名活動をして撤去を求めても、立ち退かせるのは難しい。

だから、用途地域は大事なのです。

必ず、規制に守られているところを選んで下さい。

ちなみに、このような嫌悪施設の有無は、契約前の「重要事項説明書」に書かれています。

必ず確認して下さい。

もし、記載されてなくて、あとで嫌悪施設だとわかった場合、その場合は、契約を解除できます。

3つ目ですが、大きな河川の近くや谷地にある土地です。

これはある程度、想像つきます。

河川の氾濫による水害とか、地盤沈下の不安もあります。

ですから、河川の近くや谷地はなるべく避けて下さい。

最後の4つ目は、見晴らしがいい土地です。

確かに、こういう土地は、開放感や眺望が魅力です。

バブルのころに、傾斜地の造成が盛んに行われていました。

そう、人気があったんです。

しかし、これも平地の土地と比べると土砂崩れや、地盤沈下の恐れがあります。

ですから、眺望重視でない限り、こういう土地も避けておいたほうが無難でしょう。

 

以上、4つほど安くても買ってはいけない土地を話しました。

いずれもこのような土地を絶対に買ってはいけないということではありません。

安いには、安いなりの理由があるということです

安くて良い土地はありません。

ですから、安い土地を買う場合は、リスクを十分承知したうえ行う事が大切です

徳島の住宅用地専門サイト「土地プラザ徳島」

阿波っ子のための不動産情報局「阿波スタイル」

あなたとあなたのご家族のウェルライフ(すばらしい人生)の実現をご祈念しております。

 

 ~あなたの昼が”陽の光”に満ち~

~あなたの夜が”愛”に満ちたものでありますように~

??????????????????

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

最近の投稿

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る