住宅ローン利用者で、「変動金利」を選ぶ人が急増!

↓ZERO-CUBE STEP FLOOR2階キッチンに立った奥様の目線 全方位360°パノラマビュー↓

住宅金融支援機構の調査では、住宅ローン利用者の「変動金利」を選択する割合が急増しています!

その全体に占める割合も50%を突破し、都市銀行などでは80%以上にも上っています。

ナゼ、ここにきて「変動金利を選択する人」が増えているのでしょうか?

その理由は、「変動金利のローン」の低い金利が魅力的に映るからでしょう。

現在、「変動型のローン」と「固定型のローン」のそれぞれの金利を見比べてみると、「変動型のローン」の方がかなり低いため、急増していると推測できます。

実際、「変動型のローン」金利の場合は1.5%程度です。

一方、当初10年間の「固定金利のローン」金利は3.2%程度です。

だから、1.5%の変動金利を選ぶ人が半数以上になっているのでしょう。

また、2009年9月ののリーマンショック以降、今年に入って物価下落のデフレ経済下、日本銀行の低金利政策に変更はなさそうだという判断も、「変動金利」を選択させる要因になっていると思います。

「変動金利のローン」は、日本銀行の政策金利に影響を受けて適用金利を原則として半年ごとに見直す商品です。

一方の「固定金利のローン」は、当初から一定期間、もしくは全期間の金利が最初から決まっている商品です。

「住宅ローン」は長期間借りている商品ですので、「金利の動向」によっては不確実なところもあるのを忘れてはいけません。

確かに、1995年頃から以降においては、変動型ローンの金利は安定して推移してきました。

しかし、バブルの終わりの1990年には最高8%という想像を絶する高金利の時代があったことを決して忘れてはいけません。

米国のサブプライムローン問題では、当初、低かった金利が5年目から16%などという途方もない金利になり、低所得者層を中心にローン破綻者が急増しました。

日本で元利均等方式の変動金利住宅ローンの場合は、適用金利が上がったとしても当初の5年間は返済額は据え置かれますし、次の5年も最大1.25倍までしか返済額は増えません。

しかし、それでも雇用不安が叫ばれている現在の日本社会では、住宅ローン破綻者が増加しないとも限りません。

そこで、いったん金利の低い変動型で借入を起こしておき、金利が上がりそうになれば固定型に切り替えて負担の急増をなくそうという考え方が出てきます。

しかし、なかなかこの方法も難しいのが現実です。

「住宅ローン」を選択する場合、目先の支払いの安さだけで変動金利型で返済額を膨らませていると、金利上昇時の返済額急増というショックは甚大なるものになるでしょう。

 

やはり、マイホームを購入する場合、頭金をしっかりと貯めて元金を少なくするのがベストな戦略です。

 

 

 ~あなたの昼が”陽の光”に満ち~

~あなたの夜が”愛”に満ちたものでありますように~

??????????????????

 

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

最近の投稿

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る