火災保険料が10月1日から「10年超の新規契約」の廃止o(;△;)o !

↓ZERO-CUBE STEP FLOOR2階キッチンに立った奥様の目線 全方位360°パノラマビュー↓

E1335538048040_6■「火災保険料の引き上げ」と「10年超の新規契約」の廃止!

2015年10月以降の保険始期契約より、保険期間が最長10年までに制限されます! 現在の住宅ローン返済期間にかぶせた35年とか36年の長期契約がなくなるわけです。

もうすでにご存じのように、火災保険は保険金額や補償範囲が同じでも、契約期間が長いほど保険料は割安なります。大手損保で住宅ローンの返済期間に合わせて最も長い36年契約の保険料を一括払いすると、1年契約の約25年分の金額負担ですみます。その差はなんと約10年分。

一般的な木造在来工法の36年間の保険料を90万円と仮定すると、

  • 年払い :90万円/25年×36年=129万6千円
  • 一括払い:90万円
    その差は金額にして、39万6千円(率にして44%)も安く掛けることができたわけです。

一方、省令準耐火構造物であるZERO-CUBEシリーズの火災保険料は、一般的な木造在来工法の建物と比べると火災保険料は1/2 なのはご周知のとおり・・・。

そのZERO-CUBE+boxの36年間の保険料を45万円と仮定すると、

  • 年払い :45万円/25年×36年=64万8千円
  • 一括払い:45万円

火災保険が優遇されるZERO-CUBE+boxでも、その差は金額にして19万8千円(率にして44%)も安く掛けることができたわけです。

このように44%も安くなる理由は、保険料を損保会社が市場で運用して殖やすことが前提だからです。

■実質的な保険料値上げの背景

このような実質的な火災保険料の値上げの原因はなんなのでしょうか?それは次の二つです。

  1. 自然災害や水漏れ損害による保険金の支払いが近年、増加していること
  2. 地球温暖化により自然災害の将来予測に不確実な要素が増しているとの研究成果が発表されたこと

結局、足元では保険金の支払いが増加し、また、将来多岐な自然災害被害が大きくなりそうだから値上げするよということです。

また、35年も先までなにがあるかわからないので、10年ごとにの参考純率で勘弁してくださいということでしょう。

 

kasaihoken_01

 

(出典:損害保険料率算出機構

【参考純粋改定の概要】

  1. 住宅総合保険の参考純率:徳島県T構造+23.0%の引き上げ(全国平均:3.5%)
  2. 参考純率を適用できる保険期間の上限を10年に制限
徳島県 改定率(%)
M構造(鉄筋コンクリートなどの共同住宅) +24.1%
T構造(鉄骨造等の対価構造などの建物) +23.0%
H構造(木造住宅等のM,T構造以外の建物) +14.4%
  • 参考純率とは:損害保険の保険料率とは、①純保険料率(事故が発生した場合に保険会社が支払う保険金にあてられる部分)と②付加保険料率(保険会社が保険事業を行うために必要な経費などにあてられる部分)のうち①純保険料率の部分

■ あなたの対策!

マイホーム取得に対してコストを増やさないための方法、それは・・・?

2015年末までに新居に移り住む予定の方は、

たとえ建物が完成していなくても、

35年間掛けられて割引の大きい火災保険(住宅総合保険)

9月31日までに加入してしまう方がかなりの節約になります。

弊社でも加入手続きできますので、お気軽にお申し付けください。

お忘れにならないうちに今すぐお電話ください↓

07footer-image

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

最近の投稿

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る