マイホーム用地から購入しなければならないあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

●マイホーム用地から購入しなければならないあなたへ

0a1ceb8dea25b0f1b9b43ade8e93ce60_s土地探しから家創りを行う方は、先に土地を決めてから家を建てる会社を探します。
もちろん、そのような進め方でも良いのですが、”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”では「土地探し」と「建設会社探し」を同時に行うことをおススメしています。

その理由は、土地を決めた後に建物の検討を行うお客様の中には、建物の計画途中で予算オーバーに気付き、思い通りの建物を実現できないケースが多いからです。

あなたは次のような建物をご覧になられたことはないでしょうか・・・?

  • 広い敷地に小さな家
  • 建物は新築だけど外構工事ができていない家

そのような新築のほとんどは、上記の進め方での予算オーバーが原因です。土地と建物、それぞれの希望予算を最初に把握しておけば、そのような予算オーバーの心配もなく、安心して家創りを進められます。
ですから、”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”では、まず「無理のない資金計画づくり」からスタートします。

●予算オーバー回避方法

57741e8f0c2c1e351742de37146b5ff0_sマイホーム用地がない方の土地を探す場合、”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”では「アットホーム」をよく利用します。その理由は「地図から探す」が非常にわかりやすいからです。

「地図から探す」は、地図の上に物件情報がプロットされ、学校区や生活利便性が理解しやすいうえに、「お気に入り」と併用すれば価格の比較もカンタンです。そして、詳細情報を研究し、さらに詳しい情報が欲しければ、各不動産会社にメールで資料を請求します。

その後、現地を確認し、敷地図を入手し、建物の配置プランと資金計画書を作成します。そして、その資金計画書には建物本体価格だけでなく付帯工事、外構工事、消費税、諸費用まで含めたすべての費用を盛り込んで計算します。

そして、資金計画書を元に、複数の金融機関へ住宅ローンの事前審査を申し込みます。実際、このような進め方をすれば、予算オーバーはまず起こりません。

●現在の徳島の土地市場

347ea9b3d0cf1df29b168a5494f91b29_s最近、「アットホーム」の「地図で探す」を利用していて驚きます。それは、地図上にプロットされる「売地情報」の多さです。
あなたも下記のリンクをクリックして、市町村を選んで確認してみて下さい。きっと、その量の多さに驚かれると思います。

アットホーム > 地図から探す > 徳島県

ここ半年程、「空き家問題」が騒がれています。「空き家対策特別措置法」が施行され、地方に空き家を持つオーナーにとって放置できない時代になりました。
徳島県の場合、「空き家率」は35万6千戸に対して5万7千戸(16%)全国5位にランクインしています。おそらく、徳島に帰る予定のない人たちの不動産処分も売地増加の原因のひとつでしょう。

また、就業人口動態の変化も見逃せません。人口800万人とも言われる”団塊世代”が65歳になり、今までの生活を見直し始めています。事業承継や倒産・廃業などが増加し、その過程での不動産の処分が増えているように思います。

工業品と違って不動産は相対取引が基本です。買いたい人が売りたい人より多ければ価格は上昇し、売りたい人が買いたい人より多ければ価格は下落します。
いずれにしても、購入する側にとっては非常に安く、有利に買える時代なのは間違いありません。

●土地は値切って買う

c2923691e737fd88223e48aa4489f45f_s売り土地を検索していると、「このロケーションでこの広さにも関わらず、こんな価格でよいの?」という物件を見つけることがあります。

昔から土地を安く購入できると言われている売主の動機は次の二つです。

  • ①相続
  • ②借金圧縮

①の相続についてですが、相続が発生した場合、税率が低くなる遺産分割協議書提出期限が死亡した日から10ヶ月。それまでに換金したい場合は売り急ぐケースが多くなります。

また、②の借金圧縮についてですが、言うまでもなく借金返済には期日があります。このケースも売り急ぐケースが多いのが現実です。

あなたは「たわけ者」という言葉をご存知でしょうか?「たわけ者」とは「田分者」と書きます。ですから、先祖代々の土地を売ろうものなら親戚じゅうから大ブーイング・・・。

理由もなくそのように無意識に大ブーイングされるのは、戦国時代から長く続く領土拡大と農耕社会の定着で、「土地を手放す(売る)ことは悪」という意識が日本人の頭に刷り込まれているからでしょう。

話を元に戻しますが、とにかく今は「売りたい人」が大勢います。完全な買い手市場・・・。

以前、先の資金計画書と予算の関係からはじき出した土地購入費は800万円・・・。奥様が気に入った土地の価格は890万円・・・。「ダメなら仕方ない」と思い、「買付証明書」に800万円と書いて送ったら、すんなりとその価格で購入できたケースがありました。

このような場合、土地の売主様の対応は次の3つです。

  • (1) 怒って売ってくれない!
  • (2) いいよと応じてくれる!
  • (3) 中間あたりの価格でOK!

昭和の高度成長インフレ時代であれば(1)がほとんどでしょうが、現在はバブル崩壊から延々と続くデフレ時代。さらに売地が多いのですから、(2)、仮に(3)であっても、予算をオーバーしたくない買主さんにあっては本当にありがたい話です。

このページに書いたことを整理してみますと、

  • ≪1≫「土地探し」と「建設会社探し」を同時に行う!
  • ≪2≫まっさきに「資金計画書」を作る!
  • ≪3≫土地は値切って買う!

いつでもお気軽に、”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”にご相談ください。
あなたのマイホーム創りのご成功をお祈りしています。

 

【PR】

徳島市内にZERO-CUBEのモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

kengaku

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ

> 徳島県で土地を地図から探したい方はコチラ

 

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

ページ上部へ戻る