「家づくりの基礎知識 掃き出し窓」

↓ZERO-CUBE STEP FLOOR2階キッチンに立った奥様の目線 全方位360°パノラマビュー↓

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”です。

5月は『春真っ盛り』でした。ゴールデンウィークも天気に恵まれ、楽しく過ごされたことと思います。

さて、いよいよ6月です。6月は8月と並んで、“国民の祝日が無い月”です。お盆や夏休みのような休暇も取れないので、学校や会社嫌いの方には歓迎されない月です。また、6月は衣替えの時期でもあり、街ゆく人々の装いもガラリと変わります。さらに、6月と言えば、沖縄と北海道を除く地域では、梅雨入りするシーズンです。それでは6月は、どんな季節や話題があるのか?早速ご覧ください。

■6月の主なイベントごと

  • 梅雨入り
  • ジューンブライド(6月の花嫁)
  • 6月1日 – 衣替え
  • 6月21、22日あたり – 夏至
  • 6月第3日曜日 – 父の日
  • 6月中旬 – ホタルが一番見ることができる時期
  • 6月下旬 – 多くの会社で株主総会(決算日から3ヶ月以内に開くのがルール)
  • 6月中旬~7月上旬 – ボーナス給付時期

6月はメインとなるようなイベントが少ないのが特徴です。5月にはゴールデンウィーク、7月には夏休みがあります。しかし6月は父の日こそありますがほかに目立つものがありません。あとは梅雨でしょうか。この時期は雨が多くてじめじめとした気候の日が続きやすいです。雨の中で咲く紫陽花はつい写真を撮りたくなる美しさがあります。

では、あなたは6月といえばどんな言葉が思い浮かぶでしょうか?早速結果をみていきましょう。ベスト5を発表していきます。

6月といえばのランキングは、

  1. 梅雨
  2. ボーナス
  3. 紫陽花
  4. ジューンブライド
  5.  父の日

となります。

やはり第1位は梅雨でした。やはり6月といえば真っ先に連想されるキーワードなんですね。毎年蒸し暑くて雨が多い気候を体感しているので無理もないでしょうか。雨にかかわるお仕事をされている方である傘の販売員や農家の方にとって6月はとても重要な意味を持ちます。おいしいお米が食べられると思ってどうにか前を向くしかないですね。嫌なイメージがある雨ですが、楽しい気分で6月をすごして頂きたいので、明るくなる雨の話題をお伝えします。

まずは雨の音です。シトシト、ザーザーという音に安らぎを感じたことはありませんか。それは一定の周波数が脳のアルファ派と同じになり「ゆらぎ」となって安らぎを与えてくれます。

次にマイナスイオンです。雨になると、空気中にマイナスイオンを発生させます。これはリラックス効果を与えてくれます。ということで、雨って実は人に優しいんですね。

雨は、気分が滅入るとか言われますが、実は、アルファー派とマイナスイオンなど、人体の影響に関しては、良いことだらけなのです。1年の中で、仕事や物事がはかどる、もっともよい月ともいえます。そう考えると、梅雨の雨もよいことに感じてしまいます。また梅雨の時期には3位にランクインした紫陽花が満開を迎えます。雨だからこそ楽しめる方法があるので色々と探してみましょう。意外と少ない印象が父の日です。イベントが少ない6月は、父の日のイメージが強いと思いましたが5位でした。お父さん・・・頑張りましょう!

最後に少数派の回答もご紹介します。

てるてる坊主・・・かわいい回答ですね。明日は晴れますように♪

やっぱり祝日がないというのが6月の評価を大きく下げてる気がします。ぜひ祝日を作ってもらいたいところです。

さて、今回の、家づくりの基礎知識は、掃き出し窓に関してです。温かい日差しのこの時期は、窓を開ける日々が増えていきます。掃き出し窓が一番活躍する時期ですよね。

■ 「家づくりの基礎知識 掃き出し窓」

住宅を購入する際に、窓は優先してチェックしたい場所の一つです。採光や風通し、防犯性能など、快適な住居とするために窓の役割は大きいです。窓にはさまざまな種類がありますが、その中でも一般的に使用されることが多い掃き出し窓のメリット・デメリットについてお伝えします。

◆掃き出し窓の由来

掃き出し窓は、リビングからバルコニーにつながる大きな引き戸式の窓です。窓の最下部が床面に接しているので、窓から外に出ることができます。元々、ほうきで掃除をしていた時代に家の中のゴミを外に掃き出す役割を持っていました。そのため、現在のような大きな窓ではなく、小窓であることほとんどでした。掃除機が普及したことで、以前のような役割がなくなった掃き出し窓は、バルコニーに出るためのテラス窓と呼ばれることもあります。掃き出し窓は左右に引いて開け閉めをする引き戸式の窓ですが、他にも上下にスライドさせる上げ下げ窓や、外に押し出すタイプの押し出し窓、ヨーロッパで多い外開き窓などデザインや用途によってさまざまな種類があります。

住宅を購入するときには、生活スタイルに合わせて適した窓を検討してみてください。

◆掃き出し窓のメリット

掃き出し窓のメリット・デメリットをお伝えする上で、まずは窓の役割を理解する必要があります。

(採光)

窓の役割は、第一に採光です。電気のない時代は、太陽の光が唯一の明かりだったため、家の中に窓は必要不可欠でした。現代でも、電気をつけなくても明るいというメリットだけでなく、暖房にかかる電気代が節約できるなどの点で、太陽の光を取り入れることは重要です。採光という観点では、掃き出し窓は最適な窓です。床面に接しているため、太陽光を遮らずに部屋の中へ取り入れることができます。朝からカーテンを開け放しておけば、気持ち良く目覚めることができるでしょう。太陽光を浴びることは健康やうつ病の予防にも良いとされています。大きな窓からの採光は生活していく上で大切な意味を持つのです。

(風通し)

次に風通しです。快適な生活の大敵となるのが部屋のカビです。カビは湿気の多い部屋で発生します。人が生活すれば呼吸から水蒸気が発生し、料理やお風呂、室内干しの洗濯物など、湿気を発生させる要因は室内に多いです。そのため、風通しを良くして換気を行わないとカビが発生してしまいます。アレルギーの原因にもなるので、特に小さなお子さまのいる家は十分注意してください。風通しの面でも掃き出し窓は有効です。大きな窓から気持ちの良い風を取り入れることができます。ただし、一面だけあっても風は通らないので、風の抜け道をつくりましょう。

(デザイン)

採光・風通し以外には、窓の役割としてデザイン性の意味もあります。大きい窓があれば開放感が生まれ、部屋が広く感じられるという点で、掃き出し窓は最適な窓でしょう。最近ではバルコニーと部屋の段差をなくして、掃き出し窓を挟んで部屋が続いているように感じられる作りのデザインもあります。

◆掃き出し窓のデメリット

掃き出し窓は、窓の役割として十分に高い性能を持っていますが、弱点もあります。

(防犯性)

まず最大のデメリットは防犯面です。一戸建てで一階のリビングに掃き出し窓があれば気持ちの良い居住ができますが、反面、防犯の不安が大きくなります。カーテンを開けていれば外から見えてしまうので、生活環境がのぞかれてしまいます。また、一階の掃き出し窓は外に出やすいですが、侵入者からも観察しやすく、室内に侵入しやすいです。一階に掃き出し窓があるならば、防犯ガラスにする、カギを強化するなど、対策を十分に行いましょう

(冷暖房効率)

次に、冷暖房効率でもデメリットがあります。窓が大きいほど夏には暑く、冬は寒い部屋になるのが一般的です。大きい窓は日当たりが良すぎることで、夏は室内が熱せられてしまいます。最近では、冷暖房効率をあげる対策として、気密性を高めるために窓を小さくしたり、熱を逃さないようにサッシを二重にする対策をとる住宅も増えてきました

◆腰高窓や採光窓との配置バランスが重要

ここまで、掃き出し窓のメリット・デメリットをお伝えしましたが、掃き出し窓の欠点を補っている、腰高窓を紹介します。

掃き出し窓との違いは、窓の最下部が床から90cmほどにあることです。高さがあるため、侵入者も入りづらく防犯面で掃き出し窓より優位性があり、また窓が小さい分、冷暖房効率も良いです。

家具の配置という点では、腰高窓をうまく取り入れた方が良いでしょう。例えば、リビングを開放的にするために、2面を掃き出し窓としている部屋があります。家具を配置する前には開放的で良い部屋に見えるかもしれませんが、いざ家具を配置しようとすると、ソファや勉強机、テレビ台など壁につけて配置したい家具を置ける場所がないことに気づきます。その点で腰高窓であれば、窓の下に家具をおけるので、都合が良いです。

他にも採光を目的とした小さな採光窓もあります。どれが一番良いということではなく、さまざまなタイプの窓を組み合わせて配置することが重要です。そこで過ごすイメージを浮かべながら部屋を選びましょう。窓をうまく組あわせて、快適な生活空間のある家づくりを行いましょう。

それでは!また!!

 

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

最近の投稿

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る