「玄関」に不審な落書き?その意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”です。

すっかり涼しくなりました。というよりここ数日は、ほとんどが雨という毎日で、すこし、寒いくらいです。それでも、夏の暑さに比べると、秋らしく、睡眠しやすい毎日です。そこで、蒸し暑くて眠れなかった夏の睡眠不足を解消するために、睡眠の秋を満喫しましょう。

先ず、良い睡眠をとるために、食事はとても大切です。規則正しく食事をとることで、体内時計の調子が良くなり、覚醒と睡眠のメリハリがつきます。

朝ご飯は必ず食べましょう。夜に眠っていた「腹時計」が、朝食をとることで目覚めます。今まで朝ご飯を食べていなかった人は、バナナや牛乳などからトライしてみてください。

バナナや牛乳、乳製品、豆・豆製品、肉類などには、「トリプトファン」というアミノ酸が豊富に含まれています。体の中ではトリプトファンから、「セロトニン」が作られます。セロトニンは覚醒系の脳内物質です。つまり、朝食にトリプトファンをたくさんとると、日中はしっかり目覚めていられるのです。不思議なことに夜になると、セロトニンが睡眠ホルモン・メラトニンに変わります。朝に目覚めてから14~16時間たつとメラトニンが分泌され始め、その1~2時間後にメラトニンの量が増えて眠たくなってきます

◆晩ご飯は就寝の3時間前までに済ます!

夕食には、エビホタテイカカニカジキマグロなどの魚介類がおススメです。これらの食材に多く含まれるアミノ酸の一種「グリシン」をとると、睡眠の質が改善することが分かっています。就寝前にグリシンを多くとった人はそうでない人に比べて、寝ついた後(いわゆる寝入りばな)に深い睡眠が早く現れ、そのあとの睡眠も安定します。さらに、起床時の爽快感が増し、疲労感も減って、日中のパフォーマンスも向上します。

1日3食が基本ですが、夜遅くにおなかがすいたら、炭水化物を少量とりましょう。夜に油脂が多いものを食べると、眠っている間に分泌されるホルモンのバランスが崩れてしまいます。また、眠る直前に多量に食べると胃腸が休まらず、睡眠の質が悪くなります

◆夕方の運動が寝つきを良くする!

私たちの体温は、1日のうちで1~1.5度ほど上下します。多くの人は目覚める1~2時間ほど前に体温が最低となり、その後、右肩上がりに体温が上昇して、いつもの就寝時刻の19時間後ぐらいに最も高くなります。そして、体温が下がってくると眠気が強くなってきます。体温の変化にメリハリがあるとグッスリ眠れます

夕方~夜に30分程度の運動をすると、一時的に体温が上がります。その後は体温が急激に下がるので、運動をしないときに比べて寝つきが良くなります。あまり激しい運動を眠る直前に行うと、交感神経も興奮してしまうのでお勧めできません寝床につく1~2時間前に30分ほど、ウォーキングなどの軽めの運動を行うと、質の良い睡眠がとれます

朝の軽い運動も、覚醒度をあげるのでお勧めです。運動すると血圧や体温が上がり、心と体のエンジンがかかります。ウォーキングやゴルフのスイングの練習など、リズムがある運動をすると、覚醒物質のセロトニンが増えて目が覚めてきます。外で運動して太陽の光に当たると、体内時計がリセットされて生体リズムが整い、健康な1日を始められます

睡眠の秋で、夏場の疲れをいやし、規則正しい生活を行い、よい毎日を過ごしましょう。

 

さて、今回の賢く家を建てるシリーズは、表札に関してです。

■「表札とその歴史!」

◆意外と短い表札の歴史!

家を新築する際、表札をどのようなデザインにするか迷う方も多いと思います。お客様が最初に目にする“家の顔”ともなる表札は、その家に住む人の個性を端的に表すものと言えるでしょう。

では、家の前に表札を掲げる歴史はいつごろ始まったのでしょうか。

実は、一般家庭に表札が導入されたのはそう古い時代ではないのです。江戸時代の庶民は公的に苗字を持っていなかったし、遠くの町に転居することは滅多になかったため、近所はほとんど顔見知りでした。わざわざ表札を掲げなくても、町を訪れた人が「甚兵衛さんの家はどこでしょうか」と尋ねれば、すぐに教えてもらえたのです。

特に長屋では、入口に住人の一覧が掲げられていたので、大家と店子は家族のような付き合いがありました。表札などがなくても大家さんを窓口にして十分に交流ができたのです。江戸時代の町では、武家屋敷に見かけるぐらいで、表札は決して一般的なものではなかったのです。

表札が普及しはじめたのは明治4年に戸籍法が制定され、庶民が苗字を持つようになってからです。同じく明治4年に郵便制度が施工され、住所と名前によって郵便物が届けられるようになりました。そして、どの家に誰が住んでいるかの目印として、表札が使われるようになったのです。

そして、表札が一気に広がるきっかけとなったのが、1923年(大正12年)9月1日に起こった関東大震災です。多くの家屋が倒壊し、同じ場所に再建できるとは限らなかったので、誰がどこに移転したのかわかるよう表札を利用したのです。

◆表札の材質 表札の様式いろいろ!

当初、表札の材質は木が主流でした。一部富裕層の間では陶器製のものなども流行しましたが、庶民には木製の表札が一般的でした。

その後、昭和の高度成長期になると、家の造りも以前と比較して贅沢になり、表札にもお金をかけるようになりました御影石大理石などの石製陶板など、さまざまな材質の表札が登場し、デザインも凝ったものが登場しはじめました。洋風建築の家屋など、住宅の様式が多様化するにつれ、表札のデザインもバラエティに富んできます。ローマ字表記のものが登場するほか、紋様を取り入れたものなど、個性あふれるものも今では珍しくないです。

また、古くから血族関係のある家がまとまって暮らしてきたような地域では、同じ苗字の家が立ち並ぶこともあり、このような土地では家族の名前を列記したものも多いです。苗字だけでは訪ねたい人の家がわからないからです。

近年では、家族の名前を並べた表札にペットの名前も書き加えられるなど、人々の意識の変化が表札にも表れています。材質も、強度が担保されるようになったガラス製タイル製アルミステンレスなどの金属製など、続々と新しい材質が採用されています。

◆外国における表札事情と、住所の表記!

それでは外国に表札はあるのでしょうか。実は、欧米に表札の文化はありません

誰がどこに住んでいるのかは重要な個人情報と考えられているので、誰の家か一目でわかる表札を、わざわざ掲げるわけがないのです。しかし、それでは郵便などの配達に不便ではないかと心配になりますが、その分、住所の表記に工夫があります

日本でも、京都の観光地を調べていたら、「○○通り△△東入ル」や、「上ル」などという住所にぶつかった経験はないでしょうか。たとえば二条城の住所は、「二条通堀川西入ル」。これは二条通りと堀川通りが交差する地点から西へ進むという意味です。碁盤の目に通りが整えられた京都ならではの表記ですが、昔から京都に在住する人は、この表記だけで迷わずその場所を訪ねることができるといいます。ちなみに「上ル」は北へ、「下ル」は南へ、「東入ル」は東へ進むを意味しています。

アメリカやイギリスなどでも、アベニューで住所が表記され、番地と合わせればたやすく位置を特定できる仕組みになっており、個々の家に表札は必要がないのです。しかし、外国にまったく表札がないというわけではありません。たとえば中南米やタイでは、名前とともに、どのような身分かも併記された表札を見かけることもあるといいます。

◆表札を掲げるには、防犯上の問題も!

近年では、欧米式の個人主義が定着し、苗字も個人情報にあたるとして、表札を掲げるのをためらう人がいます。実際、名前を知られたために犯罪に巻き込まれるケースもあり、教室の入口で名札を回収し、学外では名前がわかるものを持ち歩かないよう徹底する小学校も増えてます

また、セールストークに乗りやすい家泥棒による留守がちな家などには、表札にマーキングしていると話題になったことがありました。

このような情報を耳にすると、表札をしまいたくなってしまうのも当然です。しかし、表札がなかったとしても、入口の目立たないところにマーキングされてしまう可能性があります。日頃から定期的に玄関をチェックし、不審な落書きがあればすぐに消すか、最寄りの交番に相談してみましょう。

個人情報の問題も含むため、家族すべての名前を列記するのは避けた方が良いかもしれませんが、表札は住む人の個性を表現するものです。せっかく玄関に掲げるなら、自分好みに、楽しんで選びましょう

それでは、また!

 

 

 

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

ページ上部へ戻る