♡知らないと損をする!生命保険の見直しと住宅ローン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”です。

11月15日は、七五三を行う日として有名です。この日が近づくと、ご近所では、七五三の子供をよく見かけます。そこで、今回は、七五三についてお伝えします。

◆七五三の由来!

三歳、五歳、七歳と成長の筋目に近くの氏神様に参拝して無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿をお祈りするのが七五三の行事です。もともとは宮中や公家の行事でしたが一般的に広く行われるようになりました。

乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認められたそうです。七五三の行事は三歳の男女ともに「髪置き:髪をのばしはじめる」五歳男子「袴着(はかまぎ):はじめてはかまをつける」、七歳女子「帯解き:帯をつかいはじめる」のお祝いです。明治時代になって現代の七五三として定着しました。

◆何歳で七五三?

かつては数え年の男子は三歳と五歳、女子は三歳と七歳で祝いましたが、現在では満年齢で男子が五歳、女子が三歳、七歳でお祝いする事が一般的になっています。年齢にこだわらず、兄弟で一回に済ますこともかまいません

◆どこの神社で?

基本的には近くの氏神様ですが、どうしても希望の神社でという場合でもかまいません。子供のことを考えると体力的にも無理がない範囲が無難です。小さい子供は慣れない着物など、かなり負担になります。また、明るいうちにお参りしましょう

◆11月15日にこだわらなくてもよい?

11月15日に七五三を祝うようになったのかは、この日が「鬼宿日(きじゅくにち)」鬼が自宅にいる日で最良の日、また、霜月祭りの日などいろいろ説があるようです。現在ではこの日にあまりこだわらず、11月15日の前後の祝日など都合の良い日に行われています。

◆お祓い合をしてもらうときは?

この時期は大変込み合うことが多いので、事前に連絡しておきましょう。その時に神社への謝礼の金額を確認しておきます。神社によっては規定料金を設定している場合もあります。だいたい五千円から一万円ぐらいの範囲です。この時の祝儀袋の様式は、結びは蝶結び、水引は紅白、表書きは「御初穂料」「御玉串料」です。また、白封筒でもかまいません。名前は子供の名前で年齢を書きます

◆当日は子供が優先!

当日は、写真館で記念写真やパーティなど行うことも多いでしょう。また、お参りが済んでから、親戚や近所にあいさつまわりも考えているでしょう。

しかし、これは親の都合で考えていることです。あくまでも子供が主役ということを忘れないでください。慣れない着物で連れ回したりすることが、体力のない子供に負担になることはあきらかです。あまり無理のないようにしましょう。また、会食を行う時も子供が大好きなメニューを出してあげましょう。

◆記念写真や美容院は予約を!

写真館での記念写真はできれば、お参りする前が無難です。また、日にちを変えるなどして負担を軽減する方法もあります。小さい子供は、着物など着せていると、すぐに着物を脱ぎたがるので、良い写真を撮る場合は、まだ負担のないお参りの前か、日程を変えるなどされるとよいでしょう。また、最近では写真館やデパートなどでも衣装のレンタルから着付けお化粧、写真撮影まで行ってくれるところもあるようなので、別の日にそこで撮影まで行うという手もあります。

◆お参りの仕方!

基本的には、一般の神社でのお参りと同じです。神社の入口にある「手水舎(てみずや)」で手を清め口をすすいでから社殿に進み、お賽銭をあげます。次にを鳴らします(静かにならしましょう)。次に2回礼をして、2回手を打ち、ここでお願いごとなど(手をあわせて祈願)そして1回礼をします。「二礼、二拍手、一礼」と覚えましょう。

七五三は、子供の一大イベントの一つです。家族みんなで楽しく行いましょう。

 

さて、今回は、賢く家を建てるシリーズです。今回は、住宅ローンと生命保険の関係です。住宅ローンを組む時に生命保険の見直しをすると大きなメリットが生まれる可能性があります。ご参考にしてください!!

■知らないと損をする!生命保険の見直しと住宅ローン!

住宅ローンを組んだら生命保険を見直した方がよいという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

住宅を購入しようとしている人にとっては、住宅選びや資金繰り、購入手続き等で忙しいときに生命保険の話までされても、そこまで考えられないというのが正直なところかもしれません。しかし、実際に生命保険を見直すとメリットがある場合があるので、住宅ローンと生命保険の関係を知っておくと良いでしょう。

まず住宅ローンと生命保険がどう結びついているのかということからお伝えします。

一般的に、銀行等で住宅ローンを組む場合、団体信用生命保険に加入することが条件とされています。この団体信用生命保険はその名の通り生命保険であり、もし住宅ローンの返済者が返済途中で死亡した場合は、その保険金で残りの住宅ローンが一括返済されることになっております。つまり、住宅ローンを借りる人があわせて団体信用生命保険に加入することで、万一のことがあっても銀行は住宅ローンの返済が滞る心配をしなくてすみます。そして、遺族は住宅ローンの返済を免除されて住宅を手元に残すことができるようになっていて、住宅ローンの借り手・貸し手の双方にとってメリットがある保険だといえるのです。

フラット35なども10月から団体信用生命保険付き住宅ローンになったため通常は住宅ローンを組むことと、ローンを返済するための生命保険に加入することはほぼイコールと考えられます。

◆もともと生命保険に入っていたら保障が重なることがある!

住宅ローンを組むことで新たな生命保険に加入することになるのであれば、これまでに生命保険に加入していた人は、既存の生命保険との関係性を考えなければなりません。

一般的には、住宅ローンの契約者は世帯主であり一家の家計を支える大黒柱です。したがって、万一自分が死亡したときのために、生命保険に加入していることが多いのです。そしてその生命保険の保険金は、一家の大黒柱が死亡して収入が途絶えた場合でも、残された家族が生活していくために必要な費用をまかなえるようになります。

具体的には、一家の大黒柱が死亡後に遺族が生活するために必要な費用として、住居費(家賃)、食費、光熱費、通信費、日用品費、娯楽費、医療費、教育費等を合計した金額から、遺族年金や死亡退職金等の死亡後の収入や貯蓄額を差し引いた金額“必要死亡保障額”といいます。この必要保障額を生命保険の保険金額にすることが望ましいのです。

このように、万一の場合の必要保障額を考えて生命保険に加入していれば、住居費として家賃の支払額を保険金に含めているはずです。そして住宅ローンを組むと、団体信用生命保険により万一の場合の住居費(住宅ローンの返済)が保障されるため、もともとの生命保険の方の住居費の保障は不要となり、保険金を削減することができるのです。

◆生命保険を削減できた場合のメリット!

それでは、団体信用生命保険の加入により、不要になった生命保険を削減した場合のメリットを考えてみましょう。

生命保険の保険金を削減すると、その分、保険料が安くなり保険料の支払い負担が減ることになります。

どんな保険に入っていたかによりますが、例えば35歳の男性が以後30年分の家賃(月額8万円、総額約2,000万円と仮定)の保障を削減すると、その効果として、保険料を月々10,000~15,000円、総額で400~500万円程度削減できる可能性があります。長期間、住宅ローンを抱えるものにとって、これだけの保険料を節約できるのは大きな意義があるといえるのです。

削減した保険料で生活にゆとりをもたせることや貯蓄をすることはもちろん、住宅ローンの月々の返済額を増やしたり貯蓄した分を繰上げ返済にまわしたりすることで、住宅ローンの返済期間を縮めたり利子を削減させることができ、いっそう大きなメリットを受けることになります。

このように、住宅ローンを組むときや組んだあとに生命保険を見直すと、保険料を削減できる可能性があるため、生命保険に加入している人は忘れずに見直しをすることをおすすめします。

◆保険に入っていなかった人は?

ここまでは、住宅ローンを組む段階で、既に十分な生命保険に入っていた場合に保険の見直しが有効であるという話をしました。それでは、そもそも保険に入っていなかった人や必要保障額を考慮せずになんとなく生命保険に入っていた場合をお伝えします。

◎生命保険に入っていなかった人

生命保険に入っていなかった場合は、見直す保険がなく支払っている保険料もないので、節約につながることはありません。しかし、もし既婚者であり小さな子どもがいる場合は万一に備えて生命保険の必要性を考えてみた方が良いでしょう。住宅ローンを組んだからということではありませんが、これをきっかけに生命保険を検討することをおすすめします。一方、独身者やDINKS等で生命保険の必要性が低い人であれば、住宅ローンを組んだからといって生命保険の必要性が高くなるわけではありません

◎生命保険には入っているが、必要保障額は意識していなかった人

生命保険に加入していても、加入時に自分にとっての必要保障額を考えて保険金を設定していなかったという人もいるでしょう。親や親戚にアドバイスを受けたり、周りの人がこれくらいの金額に入っているからなどの理由で保険金額を決めたりという場合は、もしかしたら過剰な保険に入っているかもしれません。また、逆に保障が足りていないかもしれません。そのような状態を放置するのは良くないので、やはりこれを機会に見直しをしてみることをおすすめします。特に保険に過剰に加入している場合は、保険料の節約につながるという直接的なメリットがあります。

◆生命保険はライフイベントやライフステージごとに見直しが必要!

住宅ローンを組んだら、団体信用生命保険に加入することになるため、既存の生命保険と保障が重複する場合が多々あります。

しかし、そんなケースに該当しなかったとしても、住宅を取得するということは、生活環境が変わり、その後の家計の支出内容が変化する可能性があります。そのようなときには、やはり生命保険を見直したり、未加入であれば加入を検討したりすべきです。

このように、生命保険は一度入ったらそのままでいいというわけではないのです。家族構成が変わったり生活スタイルやライフプランが変化したりしたときにはその都度見直しが必要なのです。こまめに見直しをして、保障の過不足がないように注意を払うことがとても大切になります。

それでは、また。

 

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

最近の投稿

ページ上部へ戻る