♪~人生いろいろ~♪生命保険の見直し考!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”です。

12月になりました。12月といえばクリスマスですよね。そして、もう一つ、お歳暮のシーズンです。12月の季語にもなっている「お歳暮」。日本の古き良き慣習「お歳暮」今回は、お歳暮についてお伝えします。

◆お歳暮の起源と由来

日本にしかない「お歳暮」という慣習は、お正月に祖霊(先祖の霊)を迎え御魂祭りの御供え物や贈り物をした日本古来の習わしが、起源とされています。嫁いだり、分家した人が親元へお正月になると集まり御供え物を持ち寄ったのが始まりです。

かっては、お歳暮に使う品は年越しに必要な御供え物を贈ることから、塩鮭、塩ぶり、数の子、するめ、もちなど食料品を送る風習でした。現代ではそういうことにはこだわらず、さまざまな品物が贈られていますが、昔は新年の準備を始める12月13日から20日までに贈られたそうです。今では、日ごろお世話になっている方々への年末のあいさつになり、贈答儀礼に変わりつつあります。

◆贈る時期

季節のあいさつなので、贈るタイミングをはずさないようにしましょう。正式には「事始めの日」というお正月をお祝いする準備を始める12月13日から12月20日までに贈るものでしたが、現在では11月末頃から贈られる方も多いようです。

また、関東では12月初旬から12月31日、関西では12月13日から12月31日までとされていますしかし、暮れも押しせまった忙しい時期に届いても迷惑なので、できれば20日くらいまでが無難です。お正月用の生鮮食料品を贈る場合は反対に遅めの方が親切ですよね。

12月26日以降になると「謹賀新年」が「寒中見舞い」になるのと同様に「お歳暮」が「御年賀」「寒中御見舞い」となるのが正式マナーです。

◆贈るタイミングを逃したら

年内に間に合わなかったら関東地方では1月7日(松の内)までに、関西地方では15日までに表書きを「御年賀」として届くようにしましょう。さらに遅れた場合は、松の内がすぎてから立春(2月4日頃)の間まで「寒中お伺い」「寒中御見舞い」として贈ります。

◆贈るもの(最近の傾向は?)

2017年のお歳暮はどんなものが人気になるのでしょうか。予算や贈る相手などの傾向も気になるところです。そこで、ある調査結果をお伝えします。

贈りたいもの

  1. ビール(発泡酒・新ジャンル含む)
  2. お菓子・デザート
  3. 加工品(ハム、ソーセージ)
  4. コーヒー・お茶
  5. 産地直送の野菜・果物

もらって嬉しかったもの

  1. ビール
  2. 加工品(ハム、ソーセージ)
  3. お菓子・デザート
  4. 産地直送の魚介類(かに、鮭、イクラ等)
  5. 各種商品券

1位のビールは贈りたいもの、そして贈られて嬉しいものに選ばれました。クリスマスや年末年始、お正月などの乾杯需要に向け、家族や来客に必要なものでたくさんあっても困らず、在庫ができて嬉しいという声もあるそうです。お酒を飲まないご家庭にはどうかなとは思いますが、ポイントは贈る相手の家族構成をよく知っておけば、お酒が喜ばれるのが分かるはずです。よく分からない場合はお酒類ではなく、他のものにするのが無難です。

また「ハム・ソーセージ」「産地直送の魚介類(かに、鮭、イクラ等)」は年末年始のイベントにおいて、普段とは違う食卓を豪華に彩ってくれます。

「お菓子・デザート」「果物類」は個人ではなく家族向けに、特に子どもがいる家庭では喜ばれます。

◆お歳暮の予算

金額はお中元の2~3割り増しが目安です。5000円と3000円の商品が主流ですが、贈り先に合わせて価格帯を使い分けているようです。

  • 「大げさにならず、気の遣わせない3000円の品物」
  • 「毎年、叔父と叔母にクリスマスプレゼントを兼ね5,000円前後の物を贈っている」
  • 「兄弟 5,000円、親戚の子ども3,000円」
  • 「上司5,000円 両親3,000円」

お中元を贈った相手にはお歳暮も贈るのが一般的です。お中元、お歳暮のどちらか一方を贈るなら、お中元より一年の締めくくりの意味でもお歳暮を贈るのがよいでしょう。

贈り物をする機会はお歳暮に限らず日常よくあることですが、日本人だけが大切にしてきた習慣である「お歳暮」。この一年のお付き合いに感謝をして、相手の喜ぶものを贈りたいものですね。

 

さて、今回は、賢く家を建てるシリーズです。今回は、保険の見直しに関してです。前回は、住宅ローンを組む時の生命保険の見直しをするをお伝えしましたが、今回は、ライフイベントでの見直しのタイミングをお伝えします。早速、ご覧ください!

■  保険の見直しのポイント!!

◆生命保険の保障はライフイベントで変化する

結婚、出産、住宅購入など、人生の節目となるできごとをライフイベントといいます。そして、そのようなタイミングで保険を見直したほうがよいという話を聞いたことはないでしょうか?

保険を販売している人の営業トークのように聞こえるかもしれませんが、結果的に保険に加入したり契約を変更するかどうかは別として、既存の保障内容で問題ないかどうかを確認するには良いタイミングといえます。その理由は、生命保険の保険金額の基準となる必要保障額が、ライフイベントを機に大きく変化することが多いからです。

もう少し詳しくご説明します。

まず「必要保障額」ですが、簡単に言うと、「死亡した際に残された家族の生活を守るために必要なお金(金額)のこと」です。その金額は、「死亡後の支出予定額」から「収入予定額」と「貯蓄額を差し引いた金額」になります。

なお、「支出予定額」には、葬儀費用の他、食費や光熱費、住居費、通信費などを始めとした生活費全般、子どもの教育費などがあり、「収入予定額」には、遺族年金や死亡退職金・弔慰金、残された家族の収入などがあります。そのため、「必要保障額」多くの家族を扶養している人ほど大きくなりやすく、同じ人でも独身時代と結婚して子どもができてからでは、通常、子どもができてからの方が大きくなります

このように必要保障額は、人生のなかで変化していくものなので、生命保険の保険金額もそれにあわせて変化させた方が合理的なのです。

◆出産で保険の見直し・加入が必要な理由

最も必要保障額が大きく変化するライフイベントが出産です。子どもが生まれると、その子が成長して独立するまでの養育費や教育費が、必要保障額として一気に上乗せされることになるからです。

同じ家族が増える場合でも、結婚であれば、例え世帯主が死亡したとしても、通常は残された配偶者は働いて自分の生活費を得ることが可能です。しかし、子どもが生まれると、特に子どもが小さいうちは、配偶者は育児をしながら働かなければならず、十分な収入を得ることが難しくなります

そこで、そのような状況でも配偶者や子どもが不自由なく暮らせて、十分な教育を受けられるようにするためには、多くのお金を残す必要があります。したがって、子どもが生まれたタイミングでは、生命保険の保険金額もそれまでよりも大きくしておかなければならないのです。出産というライフイベントで生命保険を見直さなければならないのはそのためです。

◆住宅購入で保険の見直しが必要な理由

(弊社建築の「四季-HIRAYA-」)

住宅購入では「必要保障額」が減少するケースがあり、その場合は生命保険料を節約できるので見直しを考えましょう。なぜ節約できるのかというと、一般的には住宅の購入には住宅ローンを利用するからです。住宅ローンと生命保険の保障額の関係については、少し複雑な話になりますが、(前回もお伝えしたので)以下におおまかな流れをまとめて、できるだけシンプルにお伝えします。

(1)住宅購入前の生命保険

住宅購入前に加入した生命保険では、残される家族の今後の生活費の中に家賃を含めて必要保障額を計算し、保険金額を設定しています。

(2)住宅ローンで住宅を購入

住宅ローンを組む際には、通常、団体信用生命保険(以下、団信)に加入します。団信はローンを借り入れた人がもし死亡した場合に、残りのローンの返済をしてくれる保険です。

(3)住宅購入後

万一の場合には、団信から残りの住宅ローンが返済されます。そして、持ち家なので残された家族は家賃を支払う必要がないのです。

以上のように、住宅購入前に、万一の場合の遺族の家賃支払い分も考慮して加入していた生命保険であれば、住宅購入後は家賃分の保障が不要になります。この住宅購入時の保険見直しやその効果については、前回もお伝えしておりますので、見直してください。

⇒ 知らないと損をする!生命保険の見直しと住宅ローン!

◆ライフイベント発生時の生命保険見直しのススメ

今回は、出産住宅購入を中心に生命保険の見直しが必要な理由をご紹介したが、それ以外にも、子どもの独立親との同居など、生命保険を見直すべきライフイベントは数多くあります。そのたびに保険を見直すのは面倒だと思われるかもしれません。しかし、保険の見直しは、必ずしも保険に入り直さなければならない訳ではありません。既存の保険をベースに足りない部分を追加したり、余った部分のみを減額や解約したりすることで、微調整だけですむ場合も多いのです。

加入時に信頼できるライフプランナーファイナンシャルプランナーを見つけ、継続的にサポートしてもらうようにすれば、少ない手間で見直しをしていくことも可能です。できるだけ、結婚、出産などの早いタイミングで適切な保険に加入し、こまめに見直しを心がけることが大切です。弊社でも「生命保険の見直し」についてアドバイスさせていただいていますので、お気軽にご相談ください。

それでは、また!!

 

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

最近の投稿

ページ上部へ戻る