■ 建物の基礎知識 擁壁編!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”ダイヒョウ株式会社です。

1月、今月最後の記事となります。来月の2月は、どんな季節や話題があるのか?

2月はどんな季節というと日本の多くの地域で、寒さのピークを迎える月です。その一方で、早ければ2月下旬には春の気配を感じる日も出てくるでしょう。2月4日ころは立春で、暦の上ではこの日から立夏(5月5日ころ)までが春です。九州など暖かい地方で梅が咲き始めるのもこの時期です。

■2月の主なイベントごと

  • 冬季オリンピック(4年に一度)
  • 春一番 – 例年2月から3月の半ば
  • 2月1日 -プロ野球キャンプイン
  • 2月3日 – 節分
  • 2月5日から11日あたり – さっぽろ雪まつり
  • 2月11日 – 建国記念の日
  • 2月14日 – バレンタインデー
  • 2月16日~3月15日 – 確定申告
  • 2月29日 – うるう日(4年に1回)
  • 2月~3月 – 春闘

2月はまだまだ寒い時期で山沿いでは雪が降っている地域も多いです。春はもうすぐですが手袋とコートが欠かせない時期と言えるでしょう。

祝日は1日だけあります。2月11日の建国記念の日です。

また大きな特徴としてほかの月よりも日数が少ない点が挙げられます。28日間となりますが、4年に一度、夏のオリンピックがある月は29日間となります。(2020年が東京オリンピックとなります4年に1度だけ29日があるというのも2月ならではのルールです。

イベントとしては3日の節分と14日のバレンタインデーが有名です。

またスキー場のピークシーズンで多くの人でゲレンデが賑わいます。ウィンタースポーツには最適な季節と言っても間違いないでしょう。

ちなみに2月といえばのランキングは、

  1. 節分、豆まき
  2. バレンタインデー
  3. 雪、大雪
  4. さっぽろ雪まつり
  5. 確定申告

となります。

節分とバレンタインデーという2月の二大イベントがその強さを発揮しました。3位・4位には「雪」が付くものがランクインしたのも目立ちました。世間一般の人々は2月と聞くとこれらのキーワードを連想するようです。

また他の月と比べて世代や地域でばらつきがあったのも特徴的でした。年配層は節分、若い世代はバレンタイン、北海道の方は雪まつりなどです。少し意外だったのは28日間という短さがランク外だった事でしょうか。

では最後に少数回答シリーズです。いくつか取り上げてみますね。

・奇跡の29日:

夏のオリンピックがある年の2月は29日があります。

・鬼退治バスツアー:

全国各地の鬼をやっつけるツアーとのことです。

・ちくわ:

豆の代わりにちくわを投げる地域があります。

節分は地方によっていろいろなやり方があると聞いたことがあります。しかしながら、豆の代わりに“ちくわ”を投げるというのは面白いです!鬼にちくわを投げるんでしょうか。あんまり痛くなさそうですね。

さて、今回、恒例の建物の基礎知識は、擁壁について、お伝えします。それでは、さっそくご覧ください!!

■ 建物の基礎知識 擁壁編!

みなさんは、擁壁(ようへき)という言葉を聞いたことがありますか?聞いたことはあっても、じつはよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

「擁壁」は、土地を購入して新築をする際にも、中古物件を購入する際にも、どちらの場合も知っておきたいキーワードのひとつです。場合によっては、設置や修繕をするのに数百万円から数千万円もかかってしまうこともあります。そこで今回は、そもそも擁壁とは何か、どんな場合に擁壁が必要なのかをご説明します。

◆擁壁って何?

「擁壁」とは、崖などの崩壊を防ぐための「土留め」として、コンクリートブロックや石などを使った「壁状の構造物」のことです。道路から敷地が少し高くなっていて、その上に建物が建てられる場合、もしくは、隣り合った敷地に高低差がある場合には、崖や盛土の側面が崩れ落ちるのを防ぐために壁が必要になります。それが「擁壁」です。

もう少し詳しく説明すると、土や粉粒体を積み上げたときに崩れない斜面の最大角度のことを土壌の「安息角(あんそくかく)」というのですが、その「安息角」を超える大きな高低差を地面に設けたいときに「擁壁」が必要になります。もし擁壁がなかったら、そのまま自然の状態にしておくと、横からの圧力によって斜面が崩壊してしまうこともあります。つまり、「擁壁」は建物を守るという大切な役割を担っているのです。

◆擁壁にまつわる、よくあるトラブル!

ところが、どんなに頑丈につくられた擁壁でも、数十年という時を経て、次第に劣化が進んでいきます。古い擁壁がある物件を検討するときには、とくに注意してその状態を確認する必要があるといえそうです。もちろん、新しい擁壁であれば安心ということではなく、亀裂やひび割れが生じていることもあります。このとき擁壁がやっかいなのは、補修したとしても、ほとんどの場合、根本的な解決にはならないということです。高さや面積にもよりますが、擁壁の工事費用は数百万円から数千万円になる場合もあります

土地や物件を購入する場合には不動産売買契約締結後、あるいは引渡し後に擁壁のつくり直しが必要となってしまった……ということのないように、擁壁も含めてしっかりと物件確認をする必要があるのです。

◆隣人との関係にも注意!

隣り合った敷地に高低差があり、その間に擁壁をつくる際には、上側の敷地所有者の責任のもと、上側の敷地内に擁壁が設置されるケースが多く、この場合は、上側の敷地所有者が費用負担をすることになります。ただし、上側の敷地所有者が擁壁をつくらなければならなといった法律や決まりはなく、あくまでそうするケースが多い、ということです。下側の敷地において、地盤を削るなどなんらかの事情で高低差が生じた場合には、下側の敷地内に擁壁を設置することから、下側の敷地所有者の費用負担となります。

また、隣地との間の古くなった擁壁を、不動産業者の負担でつくり直すケースもあります。このとき、費用負担の代わりに敷地の一部を提供し、境界線上にまたがって擁壁をつくる条件が提示されることがあります。

さらに、擁壁の基礎部分が土地の境界線を越えている場合などもあり、その場合は上側と下側の敷地所有者の協議のもと、擁壁をつくる、または修繕をする費用を折半することも考えられます。しかし、当初は問題がなくても、年月を経て所有者が変わるうちに、擁壁をつくった際の経緯がわからなくなるケースもあり、修繕が必要になった場合などにどちらが費用を負担するのかなど、トラブルに発展することが少なくありません

このように敷地の境界線につくられることが多い擁壁は、その分、隣人とのトラブルになりやすいポイントでもあるのです。

◆擁壁の種類!

擁壁の設置に関する技術的基準は、宅地造成等規制法施行令第6条できめられています。「鉄筋コンクリート造、無筋コンクリート造又は間知石(けんちいし)練積み造(ねりづみ)その他の練積み造のものとすること」と定められています。また、これとは別に自治体の条例などがある場合もあります。

では、簡単に擁壁の種類をご紹介します。

●現場打ちコンクリート

言わずと知れたコンクリートによる擁壁です。擁壁の高さに応じて鉄筋を入れ補強を施し抵抗力を高め、背面には栗石や砂利などで裏込めを施し水抜きパイプを設置します。

●型枠コンクリートブロック

擁壁に用いられるコンクリートブロックは型枠状のブロックで中の空洞に鉄筋を配しコンクリートやモルタルで充填し耐力壁として用います。最近では表面に化粧を施した型枠ブロックも使われており、修景擁壁としてオススメの構造材です。

●土留用L型コンクリートブロック

内部に鉄筋を施したL型のコンクリートブロックで比較的施工が容易で間知石(コンクリート)の2分の1程度の費用で設置できるコストに優れたオススメの構造材です。

●石垣

天然石を積み上げていく擁壁の一種です。低い擁壁や土留に使われる場合は自重で積まれることが多いですが、高く積み上げる場合はコンクリートやモルタルを用いて施工をされます。天然石以外にも樹脂で固めた『レジンタイル』花崗岩などを粉砕し顔料やセメントで固め表面を研磨した『テラゾー』など天然石風に仕上げた人造石などもあります。

●間知石

花崗岩や安山岩などの硬質の石を方形に仕立てて地盤に積み上げていく重力式の擁壁のことです。

 

最近は石材を使う例が少なくコンクリート製が大半となっております。このように擁壁によって、建物の印象も変わってきます。まちを歩くときに、擁壁にも目を向けるようにしてみると、いつも見ているまちの景色も違って見えてきます。

いずれにしても擁壁の状態確認や施工は、専門的な知識と経験、土壌に適した工法を知っている専門家に依頼する必要があります。隣地との間に土地の高低差がある土地の購入を検討する際や、擁壁のある物件を検討する際には、早めにご相談下さい。

それでは、また!
 

 

 

 

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

"公式Twitterfはコチラ

"公式Facebookはコチラ!!

"公式Instagram"はコチラ!!

"公式Lineはコチラ!!

"公式メルマガはコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

動画(バーチャル見学)

体験する

見学会を予約する

友だち追加数

動画(LIFE LABEL)

動画(ZERO-CUBE マリブ)

動画(ZERO-CUBEミニ)

SNS

"公式Twitterfはコチラ

"公式Facebookはコチラ!!

"公式Instagram"はコチラ!!

"公式Lineはコチラ!!

"公式メルマガはコチラ!!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る