■「LCCM住宅」という言葉を聞いたことがありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”ダイヒョウ株式会社の木内 淑規(きのうち としのり)です。

さて、3月も中盤をすぎ春らしい気温になってきました。この時期から、桜の満開情報やお花見の計画など、桜の季節のイメージが強いですよね。そして、桜と並び、春を代表する花もう一つの花がチューリップです。

チューリップの花言葉は、色にもよって変わります。博愛、思いやり、恋の宣言、名声、失恋、望み無き愛、永遠の愛情、心豊かな愛情、正直、などなどです。代表的なのは、ピンクの「思いやり」です。出会いと別れが多いこの時期にはピッタリの言葉です。

チューリップの語源は「トルコ語」のツリパム(Tulipamターバンの意味)から来ていると言われています。その姿に似ているからとも、ターバンのトルコ語トゥルバンドを花の名前と勘違いして伝えられたとも言われ、チューリップの名前が誕生しました。また、オランダと聞けばチューリップを思い浮かべる方が多いのですが、原産地はトルコから中央アジアにかけての地域で、ヨーロッパへは16世紀中頃、日本へは1863年フランスから入ってきました。そして、オランダでは1634年から37年の間、歴史上有名なチューリップ狂時代となり、チューリップ人気が高まったということです。

このチューリップの花言葉は、「愛」を表す花言葉が多く、その姿は子供から大人まで、誰にでも愛されているお花だといえます。その種類は、なんと2600種以上もあるみたいです。カラーが豊富なのはもちろん、一重や八重、花の先端が尖ったゆり咲き、花びらにフリルのあるパロット咲き、花先がぎざぎざになったフリンジ咲きなど多種多様あります。見る者に驚きと感動を与えてくれるのもこのお花です。

フラワーセラピー効果としては、チューリップの淡泊色は精神安定効果があり、気持ちがリラックスできる、心優しいお花です。ちなみに赤は、興奮カラーなので、元気になりたい時や、頑張りたいときにお勧めです。その他には、上手く使い分けて春を満喫しましょう。

 

さて、今回は、家づくりの基礎知識シリーズです。LCCM住宅についてお伝えします。究極の省エネ住宅といわれるLCCM住宅の基本をお伝えします。早速ご覧ください!

■ 家づくりの基礎知識 LCCM住宅

LCCM住宅という言葉を聞いたことがありますか?ライフサイクル・カーボン・マイナスLife Cycle Carbon Minusの略になります。正式名称はライフサイクルカーボンマイナス住宅となります。この住宅の特徴は、住宅を建ててから、取壊すまでの中で総CO2(二酸化炭素)排出量をマイナスにすることです。簡単に言うと、

  • 住宅を建設する段階
  • 住宅に居住する段階
  • 住宅を取り壊す段階

この各段階全てを含んで、二酸化炭素の排出量をマイナスに取り組む住宅です。一般的に今までの省エネ住宅は、ZEH・BELLSなどや、低炭素住宅など、太陽光発電の高気密・高断熱を暮らしの中での行うことです。この省エネ住宅でできる再生可能エネルギーによりおさえられる二酸化炭素の排出と住宅を建設する段階と住宅を取り壊す段階での発生する二酸化炭素の排出量が、最終的には、マイナスになる住宅が、ライフサイクルカーボンマイナス住宅です。省エネだけでなく、二酸化炭素の負荷を徹底的に減らす住宅という考え方です。

この考え方は、地球温暖化対策として、日本はCO2排出量を2020年に1990年比べ25%削減を国際的に宣言しており、1990年比で現在1.4倍となっているCO2排出量を大幅に削減するためです。そして、住宅に関する低炭素化への取り組みをより強化していくための住宅政策のひとつなのです。現在、国は、現在の改正エネルギー基準を2020年までに義務化を行います。そして、その後は、ゼロエネルギー住宅を標準化し、最終的に目指すのが、このLCCM住宅と言われております。では、それぞれの段階で、どのように二酸化炭素の排出を減らすかお伝えします。

◆住宅を建設する段階

【住宅の建設時に発生する、二酸化炭素の量】

住宅の建設時に発生する二酸化炭素の量は、どんな建物を建てるかで、かなり変わってきます。例えば、同じ大きさでも木造住宅と鉄骨住宅を建てるのでは、発生する二酸化炭素の量はかなり違います。

基本的に、構造体でいうと木造で建てる場合はほとんど二酸化炭素を新たに発生させません。逆に鉄骨だと、鉄骨自体の制作段階でかなりの二酸化炭素が発生します。これにより、大きな違いになります。この他にも、どんな材料を使うかによって、二酸化炭素の発生量が変わると言う事が、建設時に発生する二酸化炭素の量の特徴です。現状、この部分の評価手法は、まだまだ発達段階です。今後、発生する二酸化炭素の排出量の特定をどうしていくのかが注目されております。

◆住宅に居住する段階

居住時に発生する二酸化炭素の量】

基本的にLCCM住宅においても、居住時に発生する二酸化炭素の排出量は、使用する、ガスや電気の量から算出します。現在の省エネ住宅を基本に高性能ではあればあるほど、1年間に発生する二酸化炭素の量は減ります。また、リフォームなどの改修で発生する二酸化炭素の排出量も、この時期の発生量としてカウントします。

◆住宅を解体する段階

解体時に発生する二酸化炭素の量】

一般には、ライフサイクルCO2と言うと、解体時に発生する二酸化炭素の排出量も考慮します。しかし、現状の段階ではLCCM住宅における評価には、この部分の二酸化炭素の排出量は考慮しなくて良いことになりそうです。

以上で発生した二酸化炭素の量を住宅から発生する二酸化炭素の総量と考えます。

◆太陽光発電などの創エネルギー

再生可能エネルギーで抑制できる二酸化炭素の量】

太陽光発電などの創エネルギーで作られたエネルギーを、電気を使った場合に発生する二酸化炭素の排出量に置き換えて、抑制できる二酸化炭素の量を算定します。これらをまとめて、再生可能エネルギーで抑制できる二酸化炭素の量より住宅で発生する一生分の二酸化炭素の量が低いことがライフサイクルカーボンマイナス住宅、LCCM住宅となります。LCCM住宅は、究極の省エネルギー住宅なのです。

最後に、このLCCM住宅ですが、難しいのは建築時のCO2排出量も軽減しなければいけないことです。建築時の材料や適切なメンテナンスが重要ととなり、建物の長寿命化もポイントとなります。また、木造住宅は、鉄骨住宅より二酸化炭素の排出量が低いとお伝えしましたが木造住宅でも木材などは製造時の二酸化炭素の排出量の少ないものを利用しなくてはなりません。

他に断熱材などでも、グラスウールやロックウールなどは、高温でガラスを溶かし成形しますので、二酸化炭素の排出量が多いのですが、木質系や羊毛系などが、素材自体を利用するので、成形の際に熱をほとんど必要せず、二酸化炭素の排出量は当然ながら低いです。しかし、このような製品のほとんどは、一般的な建築資材より金額が高いため、建設コストが当然ながら上がりますが もちろん、補助金や給付金の対象になります。今までの流れからでも、国が住宅制度として補助金を出してきたものは「長期優良住宅」や「低炭素住宅」「ゼロエネルギー住宅」をメインに、省エネルギー基準を対象としておりますので、この補助金の金額の部分にも注目が集まっております

それでは!!

 

■ 失敗しない家づくりのためのイベント情報

=ZERO-CUBEモデルハウス見学会情報=

【徳島市南昭和町】

日程:完全ご予約制(※土・日・祝日OK)

≪こんなことが体感できます≫

  1. シンプル&モダンな家づくりの適正価格が分かります!
  2. 住宅ローンの秘密、わかります
  3. 究極の資金計画ノウハウ、体感できます!
  4. 笑顔で癒されます!
  5. 思わず笑顔がこぼれる建物事例、体感できます!
  6. 自分に合った住宅ローンの選択基準がわかります!
  7. 銀行の営業マンが話さない、金利の裏側教えます!
  8. 払い過ぎ注意! 本当に必要な保険だけ教えます!
  9. 建てた後も安心できる、秘密の裏ワザ公開します!

ご予約は今すぐこちらから↓

http://zero-cube.fun/

 

★ 住宅ローンの支払い保証します!

  1. 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな? 
  2. 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう
  3. こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。“私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”では、そんなお客様の将来不安に備えるために、お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証できる方法をコッソリお教えします!!

お知りになりたい方は今すぐ下記からご予約ください↓

http://zero-cube.fun/

=非常識な分譲宅地ウェルライフガーデン石井Ⅱ=

【残り5区画】

石井小学校徒歩7分、石井警察署至近距離!

詳しくはコチラ↓

http://100wlg.com/

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

"公式Twitterfはコチラ

"公式Facebookはコチラ!!

"公式Instagram"はコチラ!!

"公式Lineはコチラ!!

"公式メルマガはコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

動画(バーチャル見学)

体験する

見学会を予約する

友だち追加数

動画(LIFE LABEL)

動画(ZERO-CUBE マリブ)

動画(ZERO-CUBEミニ)

SNS

"公式Twitterfはコチラ

"公式Facebookはコチラ!!

"公式Instagram"はコチラ!!

"公式Lineはコチラ!!

"公式メルマガはコチラ!!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る