デザイン住宅の基礎知識!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV”の木内淑規(きのうちとしのり)です。

さて、今回のテーマは、家づくりの基礎知識「デザイン住宅」です。

◆デザイン住宅とは・・・?

デザイン住宅なら LIFE LABEL

~他にはない、独創的なデザインを楽しめる住まい~

デザイン住宅は、外観、インテリア、空間構成まで、住まい全体をひとつのデザインコンセプトをもって設計された住まいのことです。建築家の個性や作風を強く打ち出した、いわゆるデザイナーズ住宅も、デザイン住宅のひとつになります。

最大の特徴は、「他にはない、自分たちだけのオリジナリティあふれるデザインの家」を実現できる点です。自分の好きなデザインテイストで、間取りはもちろん、素材や仕上げまでとことんこだわった家づくりができるのです。最近では、意匠的なデザインだけでなく、「暮らしやすさ」や「心地よさ」も含めて、住空間すべてをトータルにデザインするという発想で設計されるデザイン住宅もみられるようになっています。

◆どんなデザインがあるの・・・?

~和風、洋風、和洋折衷、シンプルモダンなど多種多彩~

オリジナリティ豊かなデザインがデザイン住宅の特徴ですからデザインテイストはじつに多種多様です。そんななかでも代表的なデザインスタイルが、「シンプルモダン」「現代和風」「和洋折衷」「南欧スタイル」「北米スタイル」

「シンプルモダン」は、屋根も含め全体の形がシンプルなスタイル。色も白やグレーなどの落ち着いたものが多く、中には打ち放しコンクリートの素材感をそのまま外壁に活かしたデザインなどもあります。

「現代和風」は、日本の伝統的な和のスタイルに現代的な趣を合わせたデザインです。軒や屋根のラインが描く直線や格子などの意匠が特徴です。

「和洋折衷」は、和風と洋風のデザインをバランスよく融合させたデザインです。落ち着きがあり、周囲の街並みとも調和しやすいスタイルです。

また、「南欧」「北米」のスタイル輸入住宅のテイストを採り入れたデザインです。南欧スタイルは明るく開放的なイメージです。北米スタイルは総レンガタイル貼りの重厚感漂うものやアーリーアメリカンなどもその一例です。

◆デザイン住宅の注意点・・・?

~暮らしやすさ、快適性にも十分な配慮を~

意匠的なデザインの美しさ、いわゆる「見た目」だけにとらわれすぎて暮らしやすさや居住性が損なわれないようにすることが大切です。例えば、生活動線家事動線収納がきちんと考えられているか、掃除やメンテナンスのしやすさまで配慮されているかなどです。外観も室内も白で統一したスタイリッシュな空間でも、汚れが目立ってメンテナンスが頻繁に必要なのでは大変です。大理石を床に用いて見た目はゴージャスにしても、掃除が大変で肌触りも冷たく、固いので足に負担がかかるなどのデメリットが生じる場合もあります。

◆希望のデザインをかなえるには・・・?

~イメージを正しく理解してくれる会社を選びが成功のカギ~

まずは自分たちがどんな家を建てたいか、理想のデザインを明確にすることからスタートです。

雑誌やホームページなどから「こんなテイストが好き」という写真を集めていくと、自然と好みの傾向がわかってくるものです。また、写真をスクラップして用意しておけば、建築家等に希望を伝えるのにとても便利です。言葉で説明するより、ストレートにイメージが伝わります。

そして建てたい家のイメージが固まってきたら、そのテイストのデザインを得意とする建築家や会社探しです。実際の完成事例を見て、話をするなかで、「希望を的確に捉えて、理想の家を提案してくれるか」など、家づくりのパートナーとして信頼・安心して任せられるかを判断しましょう。

実際のプランニングでは、先に用意した写真などを見せながらイメージを伝えると良いでしょう。細部まで納得のいくまで意見交換をし、最終的なプランをつくります。平面図や立面図、イラストや模型などを用意してもらい、具体的なイメージを描いていくこともおすすめです。

それでは、また。

新商品 FREAK’S HOUSE

 

 

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る