© 徳島ZERO-CUBE工事ブログ All rights reserved.

20165/28

手すり先行工法

手すり先行工法とは、足場の組立・解体時において常に手すりがある状態で作業を行えるため、『墜落を防止できる工法』です。また、働きやすい安心感のある足場とは、足場の全層に「二段手すり」と「幅木(つま先板)」を設置するため、『足場使用者の墜落を防止できるとともに、心理面の緊張状態を緩和する効果が期待できる足場』です。

さていよいよ上棟です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

基礎コンクリート完成(2棟)!!

基礎コンクリートが完成しました。とりあえずはBとCの二つのみです。 …

20173/29

基礎コンクリート工事(コンクリート打設中)

徳島市八万町で始まっているZERO-CUBE ミニ3棟の建設現場。本日は基礎コンクリートの打設作業。とりあえずは2棟の上棟を済ませ…

外構工事(防草シート+白砂利敷き)!!

[caption id="attachment_3078" align="aligncenter" width="640"] ASCII[/…

コンクリート打ちっ放し風サイディング!!

「打ちっぱなし風のサイディング」はコストパフォーマンスに優れています。 今回のZERO-CUBE STEP FLOORも、「打…

外構工事、検討中!!

50坪強の敷地に、建物の中心に中庭のある"ZERO-CUBE 回-kai-Act,02カスタム徳島仕様"を配置し、いよいよ外構工事です。 …

ページ上部へ戻る