「住宅ローン」も金融商品のひとつですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

あなたは「金融商品」に対してどんなイメージを持っていますか?

jyuutaku_loan_008「金融商品なんて、私たちには関係ない世界よ!」という人がほとんどではないでしょうか?

また、幼い頃から親に、「ギャンブルはよせ!」、「投資に手を出すな!」と言われ続けてきた人も多いのではないでしょうか?

確かに、海千山千の金融界・・・。

うかつに素人が手を出すべきものではありません。

し・か・し・・・・。

金融商品のひとつである「住宅ローン」に関すると、いかに危うい橋を平気で渡ろうとする人が多いのはナゼでしょう。  

今回は、住宅ローンについて解説したいと思います。

変動?固定?住宅ローンのポイント

変動金利と固定金利

住宅ローンは大きく分けて変動金利と固定金利の2種類に分かれます。

また、変動金利には一定期間固定金利の商品もあります。

それぞれメリット・デメリットがありますが、まずは住宅ローンは”金融商品”であることを忘れないで下さい。

住宅は一生に一度の大きな買い物と言われますが、この買い物には”住宅”だけでなく”住宅ローン(金利)”と”保険”が含まれていることを忘れないでください。

決して、今の賃料と比較して住宅ローンを選択してはいけません。

固定金利期間選択型

loan1001固定金利期間が終了した後に適用される金利は、住宅ローン商品によってさまざまです。

高金利時に借りると将来の金利低下に合わせて返済額が下がりますが、低金利時に借りると、将来の金利上昇とともに返済額が増えるため、ある一定期間の返済額は確定することができますが、固定金利期間終了後の返済額が確定されません。

変動金利型

loan1002原則として半年に一度、短期プライムレートの変動に応じて適用金利が変わります。

このため、高金利時に借りると将来の金利の低下に合わせて返済額が下がりますが、低金利時に借りると、将来の金利の上昇と共に返済額が増えるため、借入時に将来の返済額が確定されません。

全期間固定金利型(フラット35など)

loan1003借入時に返済額が確定しているので、計画的な返済を行うことができ、安心です。

低金利時に借りると、将来にわたり低金利に基づく返済額を確定することができます。

(図出典:日経ビジネス)

変動金利の住宅ローンは金利の上昇リスクを負います!

過去、住宅ローンの変動金利は最大8.5%まで上昇したことがあります。

住宅ローンは借入時の月々の返済額ではなく、将来に渡る金利上昇リスクを考慮して、借入額を決定すべきです。

現在は超低金利時代

2013年9月のMSJフラットの実行金利は1.930%です。

民間金融機関の変動ローンだと当初数年間は1.0%を切った住宅ローンも当たり前になっています。

一般的に金利が4.0%以上の場合は、将来金利が下がることが予想されるので変動金利が有利で、4.0%以下の場合は、逆に将来金利が上昇することが予想されるので固定金利が有利とされます(アメリカでのサブプライム問題は記憶に新しいと思います)。

変動金利を選択する場合は、契約時の金利だけでなく、万が一その金利が2倍、4倍になってしまったとしても支払いが困難にならない程度の資金計画が必要です(契約時は1.0%かもしれませんが、この金利が2.0%、4.0%にならない保証はどこにもありません!)。

loan002

(出典:日経ビジネス)

変動金利は安い?

多くの金融機関で、当初○年間金利引下げ、というような優遇を行っています。

一般的にこの金利の優遇は

  1. 契約時当初の引き下げ
  2. 標準の引き下げサービス

の2段階に分かれます。

金融機関にとって①はいわゆる広告宣伝費のような役割です。

また、変動金利の場合は、②があるので契約上の金利と実際に支払う金利は異なる点が要注意です。

②は支払いが滞らない優良な顧客へのサービスであって、万が一が生じると最悪の場合②の適用外となってしまう可能性もあります。

確かに現時点で計算すると変動金利が安いように見えますが、上記の金利上昇リスクを考えると、安易に手が出せる金融商品でないことが明らかです。

変動金利は

”金融商品に詳しい人向けの難しい商品”であることを十分に認識してください。

金融商品に詳しくない人は、

毎月の支出が固定となる全期間固定金利の住宅ローンを選択するべきです。

その理由は、住宅ローンが人生を破壊するようなことがあってはならないからです。

 

あなたのマイホームづくりのご成功をお祈りしています。

 ~あなたの昼が”陽の光”に満ち~

~あなたの夜が”愛”に満ちたものでありますように~

私たちにちょうどいい家プロジェクト Daihyo.tv

??????????????????

 

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

ページ上部へ戻る