“おカネ”と”不動産”の絶対成功マニュアル②「ライフプランを組むことの重要性!」

↓ZERO-CUBE STEP FLOOR2階キッチンに立った奥様の目線 全方位360°パノラマビュー↓

いつかは持ちたいあこがれのマイホーム。
しかし、”家を持つ”という夢のために、やりたいことをあきらめたり、我慢を強いられる毎日を送らなければならないとしたら・・・?
本当にかなえたいのは、”家を持つ”ことでなく、”家族とのしあわせな暮らし”であるはず。
では、お金に縛られず、無理せずにマイホームを持つにはどうすればよいのでしょう・・・?
それをわかりやすく解説したいと思います。

●ライフプランを組むことの重要性!

住宅購入のポイントは、すべてを盛り込んで逆算して購入することです。

「的確な予算はいくらなのか?」を適切に創り出すため、”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”では、一般的なハウスメーカーとは真逆なプロセスをたどっていきます。

通常は、おおまかな予算を設定し、「その金額の住宅を購入するにはどれぐらいの住宅ローンを組めばよいか?」を考えていきますが、これでは、本当に、あなたが幸せになれるとは思えません。

「がんばって払おうと思えば払える金額」で住宅ローンを組んでしまったとしたら、それは身の丈にあっていない資金計画です。

思いがけず職を失えば、途中で返済が滞ってしまい、せっかく手に入れた家を手放すことになりかねません。

私たちの仕事は住宅を売ることではなく、”住宅を手に入れたあなたが何十年後も幸せに暮らせるお手伝いをすること”です。

そのためには、あなたにご家族の「ライフプラン」を組んでいただくことにしています。

それを基に、「この金額ならば、あなたは、今後、おカネの心配をせずに住宅購入ができますね」という金額を割り出していきます。

ライフプランの構築では、住宅購入を考えずに、まずお客様の理想とする生活を想定します。

ご夫婦のやりたいことお子さんの教育資金など、幸せな生活を営んでいくために必要なおカネをはじき出します。

これを私たちは「幸せな財務プラン」と呼んでいますが、これを生涯年収から差し引いて余ったおカネを住宅資金にまわすという考え方です。

初めから予算ありきで考えてしまうと、極端な話、どんな金額の家でも建てられることになってしまいます。

少しでも高い家を売ることが目的だと、そんな計算の仕方が成り立つわけです。

NG:絶対にやってはいけないパターン

どういう風にプランを組めば「欲しい家」を購入できるのかを考え、いろいろなことを削ったり我慢したりして住宅購入資金を絞り出すこと

OK:絶対成功するパターン

住宅購入と全く関係のないことも含めた”自分たちが理想とする生活”を思い描く。たとえば、あなたの理想の人生、子供たちにしてあげたい教育やそのための資金、あなたの趣味や旅行などに使いたいおカネなどで、「幸せな財務プラン」を創り出す。

そして、生涯収入から「幸せの財務プラン」を差し引いて、残ったお金を住宅取得資金にあてる。

【子供に対する教育プランを立てる上での注意点】

子供たちがどの道に進んでも良いように、一番高いと思われる”幼稚園から大学まで全部私立”、”大学は理系”、”東京で下宿”というパターンで教育資金プランを組みましょう。幼稚園から大学まですべて”私立”だと、公立の場合と比べて1200万円高くなります。

【手元流動資金】

四人家族なら400万円、三人家族なら300万円を目安に、最低でもこれを常に現預金としてキープできる資金計画を組みましょう。

以上のように、「この金額だったら、間違いなくおカネの心配のない住宅取得資金ができる」という金額を創り出すことが重要です。

それではまた。

【本日のワークです!】

人は思ったことを書き残すことで学びが確かになるそうです。
このページを読んで必ずしなければならないと思ったことやご意見、ご感想を下記にコメントしてください。

▼Facebook https://www.facebook.com/DaihyoInc

▼Twitter https://twitter.com/search?q=tkszero

 

 

徳島市内にモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> 南昭和モデルハウスご見学のご予約はコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ

> 徳島県で土地を地図から探したい方はコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

FUN!FUN!クラブはコチラ

ネットで資金シュミレーションするにはコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

ZERO-CUBEシリーズのメディア媒体の掲載状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

見学会を予約する

友だち追加数

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

ZERO-CUBE工事ブログ

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

最近の投稿

RSS ZERO-CUBE工事ブログ

ページ上部へ戻る