売却のポイント(逆に言えば家選びのポイント)

このページでは、 「マイホームの売却を成功させる方法」をお話ししたいと思います。

2010993これから新築を建てようと思っている人も、自宅を売りに出したいと思っている人も、参考になる大切なノウハウです。

 「自宅を売りに出そうと思っているのならまだしも、新築しようと思っている私には関係ないわ!」

そう思われる人もいることでしょう。

しかし、「マイホーム取得」で成功するには、「なんらかの理由で自宅を売却しなければならない状況に備える」ことは人生のリスクヘッジにつながります。

以前、フルローンで土地+建物を購入するのは危険だとお話しました。

この方法は、かなりのリスクが伴うからです。

そのリスクとは、あなたが新築物件をフルローンで購入した場合、仮に数年間支払いをしていたとしても、売却価格以上の債務が残るからです

そのような場合は、もともと購入価格、つまり本来の価値以上の借入をしているのですから、売却した価格内で債務を0にすることは難しくなります。

しかし、1円でも高く売りたいのが人情ですから、その方法を学んでおけばマイホームの建築時をはじめ、マイホームを手に入れた後の建物のお手入れにも参考になるでしょう。

今から紹介する方法は、不動産のプロが中古物件を再販する場合のテクニックです。

ですから、効果は実践済みです。

しかも、その方法はシンプルで簡単ですので、必ず知っておいてください。

1.外観をきれいに保つ

人間の本能として、メラビアンの法則というものがあります。

人間は、 「見た目で60%、耳で感じて20%で物事を決める」 という法則です。

ですから、建物を決める際には80%は外観で決まるといって良いでしょう

また、きれいにしようと思い塗装工事を施す場合、何色でも良いというわけではありません。

外観を全面塗装する場合でも、色のセンスは絶対に外してはいけません。

建物は黄色の暖色系の組み合わせが一般的ですが、雑誌などを参考にして配色を十分検討して下さい。

2.部屋を明るくする

購入者のほとんどが日当たりを気にします

これから新しくマイホームを建築するのであれば、部屋の印象をよくするために日当たりに注意して下さい。

特にLDKが暗いと致命傷です。

3.畳の部屋を減らす

私は畳が好きなのですが、最近の購入者は畳を嫌います。

特に、リビングが畳敷きの場合は、特に人気がないようです

高く売るために一番良いのはフローリングです。

4.設備関係に気をつける

これからマイホームを建築するのであれば、是が非でも付けたいのが「追い炊き機能付きお風呂」です。

次に人気が高いのは「液晶TV付インターフォン」です。

以下、シャンプードレッサーやシャワートイレ、お風呂テレビ、浴室乾燥機などは、

ファミリーには人気ですので覚えておきましょう。

 

以上のように、ここまで読んで、「マイホームの売却を成功させる方法」とは、「下取り価格を考えて新車を買う方法」と同じです。

ですから、これからマイホームを建てようとしているあなたは、まず自らのリスクヘッジのために「売りやすい物件」を建てる必要があるのです。

とくにフルローンでマイホーム取得する方には必須ポイントです。

また、売却を検討されている人は、上記のことをチェックしながら、再度、自分の不動産を見回しましょう。

きっとヒントが見つかりますから・・・。

▼ お問合せはコチラから!

あなたのマイホームの実現、お手伝いします。

 ~あなたの昼が”陽の光”に満ち~

~あなたの夜が”愛”に満ちたものでありますように~

??????????????????

 

 

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事