火災保険に安く入れるのは9月30日までです!

1974242_613196448773286_625881150_o近年は様々な自然災害による被害が全国で頻発しています。

そんな煽りを受け、住宅に関わる保険制度“火災保険”の保証期間を、今年の2015年10月以降に受け付ける分より、現在の最長36年から最長10年まで短くすることを損害保険各社が決定いたしました。

これは、昨年の7月に、保険料の基準を計算する損害保険料率算出機構が10年を超える保険については、「自然災害の将来予測に不確実な要素が増えている」として、基準を作るのをやめたためです。

もちろん、既に契約している分については従来通り補償されますが、今後、長く補償を受けるためには10年ごとの契約を繰り返す必要があり、実質的な値上げにつながります。

自然災害の多発…

これは地球環境が悪化していることが原因なのかもしれません。

火災保険に関しては、今年の2015年9月30日までの加入であれば現状通り、最長で36年間保証されますので、出来るだけ早い加入をお勧めいたします。

あと3カ月。

近々、新築を計画されているあなた、建築確認申請許可が出れば加入できますので、急がせられることをお勧めします

 

今後も地球環境の変化に伴い、現状の様々な保証制度の内容変更が無いとは言えません。

地球環境の悪化を止めるために、私たちが取り組めることは沢山あります。

住宅への太陽光発電システムの設置、家電をエコ家電に買い替える、車をハイブリットカーにする…などなど。
一つ一つは小さくても、一人一人が少しずつでも取り組むことで、未来は変わるはずです。

是非、ご自身で取り組める身近なものを探してみてください!!

 

▼お気軽に 088-674-1470 まで お問い合わせください。

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事