「ガルバリウム鋼板」ってどうよ?

「ガルバリウム鋼板」とは、鉄でできた薄い板(鋼板)にアルミニウムと亜鉛の合金を溶融メッキし、その上に保護被膜、塗装の下塗り、樹脂塗装部と保護層で形成した建築材料です。

個人の一戸建てで多用される色とりどり、デザインとりどりな多種多様なサイディング。

新築のうちは非常にきれいですが、10年もすると、どうしても気になるのは色のくすみなどの経年劣化・・・。

その一方で、「ガルバリウム鋼板」は、経年変化でメッキ層が傷付いた場合、鋼板(鉄板)の層にメッキ層から酸化被膜が供給されるため、長期間に渡って鋼鈑を保護してくれるのが良いところ・・・。

このような構造から再塗装なしで20年から25年の耐久性を持っています。メーカーでは10年程度で再塗装することを推奨しますが、実際には何もしなくても30年以上保たせることも可能といわれてます。

現在では住宅のほか工場などの外壁に使用されていますが、まだまだ個人住宅の外壁では少ないといえるでしょう。

ただ、独特の光沢が美しくデザイン性も良いことから、個人の居宅用の外壁にガルバリウム鋼板を使用する建物が、これから先多くなってくると思います。

デザイン性良、耐候性良であれば使用したくなる方も増えるでしょう。

「ガルバリウム鋼板」、うまく活用すれば塗り替えまでの期間が短くなるなど、相対的に考えて大きな費用削減が望めます。

 

 

 

徳島市内にモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> 南昭和モデルハウスご見学のご予約はコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ

> 徳島県で土地を地図から探したい方はコチラ

 

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事

ZERO-CUBE南昭和モデルハウスご見学ご予約サイト

最近の記事

  1. ■景気と住宅ローンの関係とは?

  2. ■樹脂サッシの仕組みと性能!

  3. 決算処分市!ZERO-CUBE+box (4LSDK+WD+RB)ラスト1棟!

  4. 【新型コロナ!】4ヵ月ぶりに住宅ローン金利が下がりました!

  5. ■リバースモーゲージのメリットとデメリット!

営業時間・情報

088-674-1470
【年中無休】
AM 9:00~PM 7:00