窓は内装か?外装か?

家をつくる上で、窓は非常に重要なパーツになります。なぜなら、家を外側から見た時の表情やたたずまいを決めると同時に、家の内側の日当たりや風通しをつくるからです。

外装であり、内装でもある。この点だけ見ても、窓が占める役割の大きさがよくわかるはずです。

●光と風を取り込み、視線を遮る

大きく開かれた窓は、自然光や風をたっぷりと取り込んでくれる装置。窓が大きければ大きいほど、多ければ多いほど、心地よいように思えます。

でも、ただ大きいだけの窓をたくさんつくってしまうと、問題も起こります。それは、生活が丸見えになってしまうこと。だから、外からの視線を適度に遮り、プライバシーを確保するために、窓の位置や大きさを考えなければなりません。

では、心地よさと安らぎを両立するためには、どのような事に気をつければよいのでしょうか。

●周辺環境と暮らし方から窓をつくる

よい窓をつくるためには、周辺の環境をしっかり理解する必要があります。道路の幅、隣家との距離、日当たりや風向きなど「外側」の状態は、設計やデザインの工夫で変えることはできません。だから、その状態によりそって考えなければなりません。

もちろん、その家の「内側」でどう暮らしたいのかも大切な問題です。「家族が集まるリビングは明るく」「寝室は少し落ち着いた雰囲気に」「お風呂やトイレは閉じた空間に」…など、各所のイメージを膨らませて行くことで、最適な窓のかたちが見えてきます

「外側」の状況と、内側の暮らし方。こんな風に、この2つから窓を考えいけば、部屋の間取りやレイアウトを考える上で、大きなヒントになるはず。

みなさんも、「家を建てたい」と思った時は、窓をイメージしてみてはいかがでしょうか。

では、また。

 

 

徳島市内にモデルハウスもございます。

土地からご一緒に探させてもらいますので、お気軽にお電話ください。088-674-1470

~あなたに昼が陽の光に満ち~

??????????????????

> ダイヒョウ(株)住宅総合サイトはコチラ

> 南昭和モデルハウスご見学のご予約はコチラ

> パンフレットの無料請求はコチラ

> 現在、徳島で建築中のZERO-CUBEシリーズの工事ブログはコチラ

> “FUN!FUN!クラブ”へのご登録はコチラ

> ZERO-CUBE TVコマーシャル動画はコチラ

> メディア掲載履歴はコチラ

> 徳島県で土地を地図から探したい方はコチラ

 

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事

ZERO-CUBE南昭和モデルハウスご見学ご予約サイト

最近の記事

  1. ■ 2020年7月住宅ローン金利情報!

  2. ■ 知らないと損をする!住宅ローンを収入合算で組む場合のメリット・デメリット!

  3. ■塗り壁外壁材の種類と特徴!!

  4. ■【新型コロナ対策な家】を造る方法(風通し3か条!)

  5. ■【緊急事態宣言が解除】2か月ぶりに住宅ローン金利が下がりました!

営業時間・情報

088-674-1470
【年中無休】
AM 9:00~PM 7:00