■ 維持費がかからずメンテナンスが簡単な家とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

===<PR>===

新時代!『令和』は「ウェルライフガーデン石井Ⅱ①号地」+「ZERO-CUBE+box」から!オーナー募集中!コチラを今すぐクリック!

『令和』はZERO-CUBE+boxから!オーナー募集中!

===<PR>===

 こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”ダイヒョウ株式会社です。

海外生まれでいつの間にか日本でも知られつつあるイベントの中にイースターがあります。イースターではかわいい卵やうさぎのお菓子が使われます

では、イースターって何でしょう。イースターとは「キリストの復活祭」です。キリストが死んで3日目に復活したことを祝うお祭りです。イースターの起源は、古代、ノアの箱舟の登場する聖書の洪水期後より始まっており、キリスト教ではたいへん重要な日なのです。カラフルな卵や、うさぎが登場するこのお祭り、気になっている方も多いのではないでしょうか。

◆2018年のイースターはいつ?

イースターの日は、毎年変わります。春分の日後、最初の満月の次の日曜日と決まっています。2019年ですと、4月21日となります。

◆なぜ、卵?

動かない卵から、生きものが生まれることが、死んだキリストが復活するさまを表していると考えられ、卵もイースターの重要なアイテムです。ゆでたまごにカラフルな色を塗ったものを庭のあちこちに隠し、それを見つけるエッグハントというゲームは、子供たちにとってイースターの楽しいイベントです。

◆なぜ、うさぎ?

うさぎは多産なことから、イースターでは豊穣と生命の象徴として登場しています。うさぎは、肉食動物から狙われる被捕食動物であるため、妊娠サイクルも短く、たくさん子供を産んで種を維持しております。そんな生態が豊かな命のいとなみや春の躍動感を感じさせ、キリストの復活というお祝いの意味付けに一役かっているからなのでしょう。

イースターのうさぎは「野うさぎ」で、うさぎの食物である草が、春先に茂りはじめ、うさぎも繁殖を始める時期であることからも春の躍動感とリンクした動物というイメージがあることも理由でしょう。

なお、うさぎが登場するのは西欧のイースターだけで、東欧では登場しません。古くから、縁起の良い動物として扱われてきたうさぎですが、キリスト教の重要な役割を担っていたなんて知ったら、あらためて見直してしまいますね。

4月は他にも行事が盛りだくさんの為に宗教囚われず商業化へ何でも取り入れる日本でも浸透に苦戦するイースターですが、お菓子に必須な卵ならではの丸く可愛らしい外見や包装のお菓子も登場するので、華やかな季節の始まりの月にちなんで手に取ってみてはいかがでしょうか?

■ 維持費がかからずメンテナンスが簡単な家とは?

(出典:新時代『令和』はZERO-CUBE with WLG石井1号地

 さて、今回、恒例の家づくりの基礎知識は、家のメンテナンスについて、お伝えします。

家は建てた後、必ずメンテナンスをしなくてはなりません。それは木造とか鉄骨造といった構造とも、建築費をいかにかけたかといったこととも関係ありません。車を買っても、洗車をしたり、消耗品を交換したり、車検が必要なことと同じだと考えればいいでしょう。

では、必ずメンテナンスをしなければならないとしたら、できるだけメンテナンスがしやすく、その費用が安くすむ家がいい家だということになります。どのようにすれば維持費が安く、簡単な家になるのか、お伝えします。

◆メンテナンスの回数が少なくなる工夫を

(出典:新時代『令和』はZERO-CUBE with WLG石井1号地

 まず、簡単メンテナンスのためには、できるだけメンテナンスの回数が少なくてすむ素材や施工方法を選ぶようにしましょう。

住宅の外壁を例にとって説明します。

外壁は、サイディングであっても、モルタルであっても、いずれは再塗装をしなければなりません。外壁材として人気の高いサイディングの場合は、種類によって7~15年での再塗装の必要がありますモルタルの場合も、塗料によりますが、7~15年くらいで再塗装が必要だといわれています。

また、一般的なサイディングを施工する場合は、サイディングとサイディングのつなぎ目をコーキングという充填剤で施工しますが、このコーキングの耐用年数は種類によっても違うものの5~15年です。

また、形状と施工方法の工夫により、コーキング剤不要のサイディングもあります。タイルなど無機質の外装材の中には再塗装しなくてもよいものがありますが、コーキングを使用していれば、コーキングの補修は必要です。

外壁のメンテナンスには、足場をかける必要があり、この足場の費用が意外にかかります。よって、再塗装とコーキングの補修はできるだけ一度にすませたほうがメンテナンス費用を安く抑えることにつながります

このように、住宅の部材を選ぶときは、耐用年数を確認したうえで、将来のメンテナンスも視野に入れて選ぶことが大切です。

◆素材もデザインもロングングセラーを採用する!

(出典:新時代『令和』はZERO-CUBE with WLG石井1号地

 長く暮らせる家の条件として、耐久性が高いことはもちろんですが、忘れてならないのは、住み続けたいと思える家だということです。いつまでも住み続けたいという気持ちがあれば、メンテナンスをしながら住み続けていけるはずです。

そのためには、建築後数年で古くささを感じるような流行のものではなく、ロングセラーデザインを取り入れたり、長く愛されている製品を採用したほうがいいのです。

アメリカの住宅に用いられている玄関ドアを例にあげますと、20年以上前に建てられた家の玄関ドアと今新築されてる玄関ドアは、デザインもサイズも変わっていないのです。長く流通している製品を選べば飽きもこないでしょうし、サイズが変わっていなければ、将来交換する必要があったときにも最小限の費用ですみます

◆補修や交換が可能なものを使用する!

(出典:新時代『令和』はZERO-CUBE with WLG石井1号地

 築年数を経ると、家のいろいろなところで補修したり、交換したりしなければならない箇所がでてきます。

建物の構造躯体に比べて、設備機器や部材は消耗が早く、寿命が短いのでしかたのないことです。補修や交換することが前提であれば、補修・交換の回数が少なく、簡単に補修や交換できるものを選ぶことが大切です。

例えば、建物の構造そのものがしっかりしていれば、窓やドアの立て付けは戸車を交換したり、蝶番の部分調整をすることで、問題なく長期間使用することができるでしょう。

また、給水・給湯管も、さや管ヘッダー工法を採用しておけば、壁や天井を壊すことなく、さや管の中に配されている給水・給湯管を交換することができます。

独特の形状をしたものや、特殊な部材だと、補修や交換が必要になったときに「その製品の補修は難しいので、全体を交換して」とか、「製品が廃盤になっていた」という話をよく聞きます。そうなると、費用が高額になったり、工事期間が長くなったりと、負担が大きくなります。

古くなっても補修したり、容易に交換できる汎用性の高いものを選ぶようにしたほうが、築年数を経たときにメンテナンス費用を抑えることができるのです。

◆だれもが扱える素材や部材を採用する!

(出典:新時代『令和』はZERO-CUBE with WLG石井1号地

 住宅メーカーの中には、特別な素材や部材を使用していることがあります。その場合、アフターメンテナンスは施工を請け負った会社でないと、メンテナンスができないこともあります。

しかし、だれもが知っていて広く出回っている素材や部材については、適切なメンテナンス方法も普及しています。そして、多くの会社が手がけられる方法なら、補修部材や交換部品もたくさん販売されているので、多くの情報の中から一番安いものを選ぶことができます。また、工事が必要な場合でも、相見積もりをとるなどして、提示された費用が妥当な金額なのかどうか、判断することで、工事費用を最小限にすることができるでしょう。

家を選ぶときには、検討している住宅商品や建材について、いろいろ質問してみましょう。そして、施工会社が築年数を経たときのメンテナンスをどのように考えているか、アフターメンテナンスをどのように行うのか確認しましょう。

そして可能であれば、築年数を経た施工例を見学させてもらって、自分の目で確認するのと同時に、お施主様にアフターメンテナンスの状況を聞いてみるとよいでしょう。

それでは、また!

SNS

インスタグラム(zerocube_徳島)

インスタグラム(lifelabel_official)

関連サイト

▼LIFE STYLE診断であなたにピッタリの家を探そう!

▼コスパ抜群、プチカスタマイズ可能な新築マイホーム!

▼戸建ライフを愉しむスタイルマガジン!

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

"公式Twitterfはコチラ

"公式Facebookはコチラ!!

"公式Instagram"はコチラ!!

"公式Lineはコチラ!!

"公式メルマガはコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

動画(バーチャル見学)

体験する

見学会を予約する

友だち追加数

動画(LIFE LABEL)

動画(ZERO-CUBE マリブ)

動画(ZERO-CUBEミニ)

SNS

"公式Twitterfはコチラ

"公式Facebookはコチラ!!

"公式Instagram"はコチラ!!

"公式Lineはコチラ!!

"公式メルマガはコチラ!!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

ページ上部へ戻る