■家庭用蓄電池の種類・特徴・選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”ダイヒョウ株式会社です。

ここ数年ですっかりスイーツ界のメインストリームに躍り出た感のあるのが「パンケーキ」です。ふわふわの生クリームや旬のフルーツを載せて食べると……とてもおいしいですね!

でもこの「パンケーキ」と子どもの頃からおやつとしてよく食べた「ホットケーキ」一体何が違うのでしょうか?

実はその2つの違いに明確な定義はありません。と言うのも、パンケーキは、フライパン等の平鍋で丸い形に焼いたケーキの総称です。フランス語の「パケヌ」が元になっており、ホットケーキもクレープも実はパンケーキの一種なのです。

「ホットケーキ」という名称は日本独特のもので、海外ではほとんど使用されていません。日本でパンケーキが紹介されたのは明治30年代です。大正14年には上野のお店でパンケーキに甘みを加え厚めに焼き上げたホットケーキと同様のどら焼きが販売され、大きな話題となりました。

一般的には「パンケーキ」は、甘味が抑えられており、食事メニューや生クリーム、フルーツなどとも合わせやすい薄いケーキです。「ホットケーキ」は、厚みがありケーキ自体にしっかり甘味が付いている。こんな分け方がポピュラーみたいです。改めて比べてみると、なかなか奥深い世界ですね!

■家庭用蓄電池の種類・特徴・選び方!

(出典:タイナビ蓄電池

さて、今回は、家づくりの基礎知識です。テーマは「蓄電池」です。

日々の暮らしはもちろん、家づくりの際には、「省エネルギー」に配慮したプランや設備・建材を選ぶことは大切です。そして、太陽光発電システムなどによってエネルギーを生み出す「創エネルギー」やエネルギーをためる「蓄エネルギー」も注目されています。

「蓄エネルギー」機器として挙げられるのが、家庭用蓄電池(蓄電システム)です。災害時の電源確保だけでなく、節電意識の高まりなどからも関心は高まってきており、最近では、メーカー商品にも、機能や形状などが異なる、さまざまなタイプが揃ってきました。持ち運びができる容量の小さいタイプもありますが、ここでは、ある程度の容量のある定置型の家庭用蓄電システムについてお伝えします。

◆家庭用蓄電システムの種類!

蓄電システムに用いられる蓄電池には、リチウムイオン蓄電池鉛蓄電池ニッケル・水素電池などがありますが、家庭用蓄電システムに多くみられるのはリチウムイオン蓄電池でしょう。

リチウムイオンを用いた蓄電システムには、コンセントにつないで使用する(工事が不要な)タイプと、配線工事を行い設置するタイプ(系統連系型)に分けることができます。

  • コンセントにつないで使用する(工事が不要な)タイプ

コンセントから充電し、蓄電システム本体にコンセントを差し込んで使用するタイプは、停電時、パソコンや照明などのバックアップとして、また、電力需要の多い夏場のピークシフト(電力を使用する時間帯をずらし、電力需要のピーク時の電力消費を抑えること)に活用することができるでしょう。

  • 配線工事を行い設置するタイプ(系統連系型)

配線工事を行タイプ(系統連系型)は、あらかじめ特定の機器(冷蔵庫、照明機器、テレビなど)と蓄電システムを接続しておくことで、停電時のバックアップが可能です。ピークシフトはもちろん、太陽光発電システムとの連携できるタイプもあります。最近では、太陽光発電用と蓄電池用の2つのパワーコンディショナをひとつにまとめたタイプが流行りです。

◆メリット!

停電時に電化製品を利用でき、電気料金の節約にも・・・!

蓄電システムを用いるメリットは、電気会社の料金プランによっても異なりますが、深夜の割安な電力を蓄え、電力需要のピーク時に使用することで、電力会社から購入する電力量を抑えることができることです。蓄えた電力を、電気料金の高い時間帯に使うことで、電気代節約にもつながります。もちろん、停電時(非常時)に使用することも可能です。

太陽光発電システムと連携している場合であれば、昼間に発電した電気を使用しながら余剰分を蓄え、夜に使用することも可能です。足りない分だけ電気を購入すればいいので、電気代を節約することができるでしょう。

また、停電時には、太陽光発電システムの自立運転によって蓄電システムに充電、昼夜問わず電気を利用すること可能です。製品によりますが、停電時に使用する家電製品を設定しておくことができるタイプもあります。

また、蓄電システムに蓄えた電気と太陽光で発電した電気を、HEMS(Home Energy Management System ホーム エネルギー マネジメント システム)などと連動させることで、より効果的に使用することができるでしょう。

◆デメリット!

蓄電容量に限りがあり、置くスペースが必要なこと!

蓄電池は製品によって蓄電容量は異なり、小型のものは蓄電容量が少ないため、使用できる範囲も狭まります。一般的に家庭で用いられる蓄電容量の目安は、15kwhまでと言われていますが、製品的には、1kwhから12kwhまで様々です。緊急時に必要な機器が使用できる容量のタイプを選ばなくては意味がありません。常に残量を意識しておくことも必要でしょう。

また、リチウムイオン電池は、充放電回数の寿命を超えると、蓄電容量が減少し、交換が必要になります。製品によって、充放電サイクルの回数や残存容量が異なるため、選ぶ際には確認することが大切です。

その他、蓄電システムの設置スペースを確保しておくことも必要です。製品やシステムによって確保するスペースは異なりますが、屋外用と屋内用があり、寒冷地や重塩害地域などには難しいものもみられます。新築の場合は、事前にサイズを確認しておきましょう。最近では、小型のタイプ壁掛けタイプなどもみられるので、プランニングもしやすいでしょう。

◆低価格化も進んでいる。補助金制度を利用可能!

従来に比べ、家庭用蓄電システムの価格は低下傾向にありますが、まだまだ高価なアイテムであることには変わりありません。蓄電池の容量やシステム内容などによっても異なりますが、蓄電池本体の価格は、大雑把にいうと、100万円~300万円程度でしょう。小型のタイプであれば、100万円以下のものもみられますが、容量が大きく多機能のものは400万円以上の製品もあります。また、本体価格の他に、配線工事が必要なタイプであれば、その費用や諸経費などもかかるので、見積もりの際には注意するようにしましょう。

設置には、地方自治体よって補助金制度を設けているところもありますが、補助金額や条件、募集期間などは異なります。自治体によっては契約前に申請が必要な場合もあるので、設置を検討しているのであれば、早めに確認をしましょう。

また、国による、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)の中で、補助対象として採択されるZEHに蓄電システムを導入する場合には、補助金額が加算されます。

◆プランニングは慎重に!太陽光発電システムと同時に検討を!

家庭用蓄電池を選ぶ際のポイントは、まず、充電容量です。容量によって使うことができる電気量や時間が異なるので、設置する目的やライフスタイルに適したものを選ぶことです。合わせて、どのくらい長持ちするのか、寿命を確認しておくことも大切です。

また、設置スペースに適したサイズか、太陽光システムを設置している(予定している)場合は、連携させた場合の効果などを確認しておきましょう。もちろん、価格保証・メンテナンスなども重要なポイントです。

新築やリフォームでは、太陽光発電システムと同時に検討するケースも多いものです。連携ができるか、停電時に自立運転に自動切り替えできるシステムか、なども確認をしましょう。電力の買い取り等、制度の変更などにも注意も必要です。

専門的な部分も多いため、設置を依頼する場合は、上記の点をしっかりと説明し、また、シミュレーションなどを提示してくれたり、補助金などの情報を提供してくれるビルダーなどに依頼しましょう。最新の製品やシステムを実際にショールームやモデルハウスなどで確認することも大切でしょう。

住まいや暮らしの「省エネ」や「創エネ」「蓄エネ」を考える時、まずは、断熱性の高い住まいを実現し、エネルギーを無駄にしない機器を選ぶことが基本です。その上で、予算のバランスに配慮しつつ、エネルギーを創りだす機器やためる機器、という順序で考えることがポイントです。家庭用蓄電システムは、身近な住宅設備機器になりつつありますが、太陽光発電システムやHEMSなども含め、間取りプランや暮らし方などをトータルに検討し、じっくりとプランニングすることが大切です。

それでは、また!

徳島市内モデルハウス見学ご予約サイトはコチラ

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローンの支払い保証します!
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?

□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう!!

□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも台無しです。

"私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV"では、

そんなお客様の将来不安に備えるために、

お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!

>> 続きはコチラ

―――――――――――――――――――――――――

~あなたの昼に陽の光が満ち~、

~あなたの夜が愛に満ちたものでありますように~

ZERO-CYBE+FUNはコチラ

カタログ資料請求はコチラ

お宝土地から探したい方はコチラ

建物前ラインナップをご覧になりたい方はコチラ

現在、徳島で建築中の最新施工状況はコチラ!!

最新"ZERO-CUBEシリーズの動画"はコチラ!!

WEBマガジン"ゼロマグ"でいいねはコチラ!!

"お客様の喜びの声"はコチラ!!

"公式Twitterfはコチラ

"公式Facebookはコチラ!!

"公式Instagram"はコチラ!!

"公式Lineはコチラ!!

"公式メルマガはコチラ!!

この記事の著者

木内 淑規雑談担当

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

この著者の最新の記事

関連記事

動画(バーチャル見学)

体験する

見学会を予約する

友だち追加数

動画(LIFE LABEL)

動画(ZERO-CUBE マリブ)

動画(ZERO-CUBEミニ)

SNS

"公式Twitterfはコチラ

"公式Facebookはコチラ!!

"公式Instagram"はコチラ!!

"公式Lineはコチラ!!

"公式メルマガはコチラ!!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

ページ上部へ戻る