■ 住宅ローンを20年固定で組むメリットとデメリット!

■ 住宅ローンを20年固定で組むメリットとデメリット!

さて、今回は、住宅ローンに関する知識をお伝えする賢い家づくりシリーズです。住宅ローンを20年固定で組むメリット・デメリットについてお伝えします。

◆住宅ローン20年固定とは?

住宅ローン20年固定(固定金利20年)とは、借り入れ開始から20年間の金利が固定される住宅ローン商品の総称です。「30年固定」や「35年固定」といった長期固定金利の住宅ローンと比較すると、金利が低く設定されていることに加え、固定期間が20年間と比較的長いため、返済計画を立てやすいというメリットがあります。

住宅ローンの借り入れや借り換えを検討している方のなかには、20年固定も視野に入れ、住宅ローンを組もうと考えている方も多いと言われています。

ただ、他の金利プランと同様に、住宅ローン20年固定にもメリットとデメリットがあり、利用を検討するのであれば、事前にその特徴をしっかりと理解しておくことが大切です。

そこで今回は、住宅ローンの当初20年固定をお伝えします。利用のメリットやデメリットを中心にお伝えしますので、住宅ローンを20年固定で組もうと考えている人は、ぜひ注目してみてください。

◆住宅ローンを20年固定で組むメリット!

住宅ローンを20年固定で組むメリットを見ていきましょう。

メリット①:長期固定金利の住宅ローンと比較すると金利が低い!

住宅ローン20年固定は、「30年固定」や「35年固定」といった長期固定金利の住宅ローンと比較すると、低い金利が設定されています。長期固定金利よりも有利な条件で住宅ローンを組める点は、20年固定を利用する大きなメリットといえるでしょう。

また、住宅金融支援機構のデータによると、住宅ローン完済までの期間は平均26.7年となっております。

つまり、住宅ローンを20年固定で組み、繰り上げ返済を上手く活用すれば、優遇金利が適用される固定期間中に住宅ローンを完済することも可能です。このような返済の仕方ができる点も、住宅ローンを20年固定で組む際にさえておきたいポイントです。

メリット②:金利変動のリスクが低い!

日本では長い間、低金利が続いていますが、20年というスパンで考えると、金利が急上昇する可能性も十分に考えられます

住宅ローンを20年固定で組んでいれば、当初20年間は金利が固定されるため、たとえ、金利が急上昇したとしても、適用される金利は固定金利期間中、一切変わりません。金利上昇に強く、金利変動のリスクが低い点も、住宅ローンを20年固定で組むメリットの一つです。

ちなみに、借り入れ期間中に金利が急上昇した場合は、固定期間中に繰り上げ返済を行い、返済期間を短縮することで、金利上昇のリスクを最小限に押さえることができます

メリット③:返済計画が立てやすい!

住宅ローン当初20年固定は固定期間中、市場の金利が上昇しても、毎月の返済額は変わりません。返済計画が立てやすく、安心して利用できる点も、住宅ローンを20年固定で組むメリットといえるでしょう。

ただし、固定期間終了後は適用金利が上がるため、毎月の返済額も増えます固定期間終了後も返済が継続する場合は、適用金利の上昇に備え、余裕を持って住宅ローンを返済できるよう、準備しておくことが大切です。

◆住宅ローンを20年固定で組むデメリット!

次に、住宅ローンを20年固定で組むデメリットについてお伝えします。住宅ローン20年固定を検討する際は、メリットだけではなく、デメリットについても、しっかりチェックしておきましょう。

◆デメリット①:変動金利や短期固定金利と比較すると金利が高い!

「30年固定」や「35年固定」といった長期固定金利の住宅ローンと比較すると、低金利を実現している20年固定ですが、変動金利や、「当初2年固定」「当初5年固定」「当初10年固定」などの短期固定金利の住宅ローンと比較すると、適用金利は高くなります

経済の原則から考えると、借入期間が長くなるほど、金利が上昇するのは仕方がないことですが、毎月の住宅ローンの返済額が、変動金利や短期固定金利よりも増えてしまう点は、住宅ローンを20年固定で組むデメリットといえるでしょう。

◆デメリット②:住宅ローン20年固定に力を入れている金融機関が少ない!

住宅ローンを提供する金融機関は、利用者を増やすため、一部の金利プランを優遇することがあります。ただ、住宅ローン当初20年固定に力を入れて販売している金融機関の数は決して多くありません

10年固定をはじめ、優遇を受けることが多い金利プランと比較すると、有利な条件で住宅ローンを組むのが難しい点も、20年固定で住宅ローンを組むデメリットの一つです。

その一方で、金融機関のなかには、20年固定に力を入れているところもあります。住宅ローンを組む際は、20年固定に力を入れている金融機関を利用するのがおすすめです。

デメリット③:固定期間終了後、適用金利が上昇する!

他の固定金利型住宅ローンと同様に、当初20年固定の住宅ローンも固定期間終了後、適用金利が上昇します。21年目以降、毎月の返済負担が大きくなる点も、20年固定で住宅ローンを組む際に、押さえておきたいデメリットです。

◆まとめ!

今回は、20年固定の住宅ローンについてお伝えしました。

住宅ローン20年固定を利用すれば、20年間金利が固定されるため、中~長期間に渡り、計画的に住宅ローンを返済することが可能です。

また、一部繰り上げ返済を上手く利用することで、

  • 「固定期間中に住宅ローンを完済できる可能性がある!」
  • 「固定期間終了後の金利上昇のリスクに備えられる!」

といったメリットを期待できる点も魅力でしょう。

ただ、住宅ローン20年固定には、メリットだけではなく、デメリットも存在するため、利用を検討する際は、メリットとデメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

20年固定で住宅ローンを組もうと考えている方は、金利プランの特徴や、メリット・デメリットを確認し、住宅ローン当初20年固定を検討する際に役立てましょう。

それでは、また!!

 

 

SNS

インスタグラム(zerocube_徳島)
インスタグラム(lifelabel_official)

関連サイト

▼LIFE STYLE診断であなたにピッタリの家を探そう!
LIFE LABEL 公式サイト
▼コスパ抜群、プチカスタマイズ可能な新築マイホーム!
住宅商品ラインナップ
▼戸建ライフを愉しむスタイルマガジン!
LIFE LABEL MAGAZINE

木内 淑規

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事

ZERO-CUBE南昭和モデルハウスご見学ご予約サイト

最近の記事

  1. ■1.0%、金利が上がれば大変!!

  2. ■ボーナスをあてにしない住宅ローンの組み方!

  3. ■【家づくりの基礎知識】機能付き室内扉の種類と特徴!

  4. ■ペットと暮らす家づくり 設備&アイテム編!

  5. ■フラット35、金利を引き上げました!!

営業時間・情報

088-674-1470
【年中無休】
AM 9:00~PM 7:00