■コロナ禍で住宅ローンに不安を感じたら?

■コロナ禍で住宅ローンに不安を感じたら?

さて、今回の賢い家づくりは、は、「コロナ禍での住宅ローン」についてです。

◆金融機関では、返済期間の延長など、対応しています!

新型コロナウイルス感染症の影響がさまざまな場面で出てきています。休業などにより、収入が大幅に減少した世帯は少なくありません。貯蓄を取り崩すにしても数カ月続くとなると、生活自体が立ち行かなくなり、先行きに不安を感じている人も多いことでしょう。

家計費に占める割合でもっとも高いのは住居費です。特に、住宅ローンの返済中の世帯は、毎月の返済だけではなく、ボーナス時の返済も不安になってきているかもしれません。

各金融機関では、住宅ローンの返済が困難になる利用者に対して、返済期間の延長といった対応を始めています。「フラット35」を利用している場合は、住宅金融支援機構が最長15年の延長に応じると発表していますので、返済に不安を感じたら、すぐに借入金融機関に相談することが、何よりも大事です。

◆返済期間の延長、返済額の減額、ボーナス返済の見直しなど返済方法の変更を!

具体的に、どんな返済方法の見直しができるのか、「フラット35」の場合を見ていきましょう。返済方法の見直しにあたっては、

  • 年収が年間総返済額の4倍以下
  • 収入減少割合が20%以上

といった条件があります。

  • 返済特例!

返済期間を最長15年延長することで、毎月の返済額を減らすことができます。最長3年、元金据置で利息のみ支払うという方法もあります。ただし、最終的な総返済額は増えますので注意が必要です。延長した場合、完済時の年齢は80歳が上限です。

  • 中ゆとり!

一定期間の毎月返済額を減らすことができます。ただし、減額期間終了後は毎月返済額が増加し、総返済額も増えます。勤務先にもよりますが、収入減が一時的なもので企業活動が再開されれば収入が元に戻る、というケースでは、期限を決めて返済額の減額という方法がいいでしょう。

  • ボーナス返済の見直し!

  • ボーナス返済分を減らし、毎月返済分を増やす」
  • ボーナス返済をやめ、毎月返済のみに組み直す」

といったボーナス返済の対応も可能です。

ただ、この場合、毎月返済額が増えますので、それに対応できるのか、という点には注意が必要です。

返済方法の見直しは、同時に組み合わせることもできますので、それぞれの家計状況に合わせて、どういう見直しが最適なのか、金融機関と十分相談するようにしてください。

◆収入が戻った、家計が改善したら、返済方法を再度見直すこと!

3000万円を固定金利1.5%、毎月返済のみ(元利均等)、35年返済で借り入れ、2020年5月から返済が開始したケースで試算してみると、もともとの毎月返済額は、約9万2000円総返済額は約3858万円です。

これを15年返済延長すると、毎月返済額は約7万1100円に減らすことができます。ただし、総返済額は約4266万円と、当初より408万円増えることになります。

借入時の年齢にもよりますが、定年退職までには完済したいと考えて、住宅ローンを組む世帯が多く、15年延長となると、定年退職後も住宅ローンの返済が続くことになってしまいます。そうならないためには、家計が改善したら、返済方法を元に戻す、再度見直しをすることも、忘れないでほしいことです。

新型コロナウイルスがいつ終息するのか、収入はいつになれば元に戻るのかはわかりません。金融機関への相談が今後増えてくることも予想されます。審査にも一定の期間がかかりますから、本当に苦しくなってからではなく、早め早めに、金融機関に相談をするようにしましょう。

それでは、また!!(今日もお元気で、ステキな一日をお過ごしください(^^♪)

 >徳島のZERO-CUBE建築作品集はコチラから

 

 

SNS

インスタグラム(zerocube_徳島)
インスタグラム(lifelabel_official)

関連サイト

▼LIFE STYLE診断であなたにピッタリの家を探そう!
LIFE LABEL 公式サイト
▼コスパ抜群、プチカスタマイズ可能な新築マイホーム!
住宅商品ラインナップ
▼戸建ライフを愉しむスタイルマガジン!
LIFE LABEL MAGAZINE

木内 淑規

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事

ZERO-CUBE南昭和モデルハウスご見学ご予約サイト

最近の記事

  1. ■1.0%、金利が上がれば大変!!

  2. ■ボーナスをあてにしない住宅ローンの組み方!

  3. ■【家づくりの基礎知識】機能付き室内扉の種類と特徴!

  4. ■ペットと暮らす家づくり 設備&アイテム編!

  5. ■フラット35、金利を引き上げました!!

営業時間・情報

088-674-1470
【年中無休】
AM 9:00~PM 7:00