■子供部屋は必要?メリット・デメリット!

■子供部屋は必要?メリット・デメリット!

さて、今回の家づくりの基礎知識は、「子供部屋の必要性」についてです。

「頭のよい子は個室ではなくリビングで勉強している」という本が出たのが約6年前です。有名中学に合格した子どもの勉強方法を調べたら、多くの子どもが子ども部屋を与えられながらも勉強はそこではせずに、リビングやダイニングテーブルでしていたという内容でした。

その本は「有名中学に合格する子どもを育てたい人」には参考になるとおもいます。またもう一つの「子ども部屋不要論」のアプローチとして「親子のコミュニケーション不足」もあるそうです。西洋風の間取りが定着し子どもに個室が与えられるようになると、今度は「親子のコミュニケーション不足」が問題視されるようになりました。子どもを子ども部屋に籠らせないために子ども部屋をオープンな造りにしたり、ドアを設けない説などが出てきます。

そこで今回は、子ども部屋の必要性とメリット・デメリットについてお伝えいたします。

◆子ども部屋が原因なの?

「頭のよい子に育てる」、「親子のコミュニケーションを取る」。この二つの事から子ども部屋が原因として論じられることには疑問を感じます。

子ども部屋という個室が与えられようが与えられまいが、それらのことは別な工夫で解決できることではないでしょうか。

それでは、子ども部屋は本来何のために設けられるのでしょう。

多くの親は、まずは子どもが心身共に健康に育って欲しいと願っています。そして、そのように育つような環境を与えたいと考えた時に、子ども部屋は決して「いらないモノ」ではないのです。

小さい頃に親とずっとべったりしていた子どももいずれ思春期が訪れて、親に反抗し、自立の道を進みます。思春期には、しっかり反抗してくれた方が親離れも早くなると言われています。

早ければ小学校の高学年から、中学頃がピークで高校生、大学生でも反抗期はあるものです。この時期には子どもにも、許されるならば、自分自身と向き合ったり考えたりできる、1人になれる個室があっていいのではないかと思います。

◆親にとっても子ども部屋はありがたい!

子どもの思春期・反抗期は、親にとってもエネルギーを要す時で、言うことは聞かないし、危なっかしく、一番扱いづらい時期です。でも、ここはぐっとこらえて成長を見守っていなくてはいけません。

親にも忍耐がいり、かわいい子どもでも距離を置きたいと思う時もあるのです。親も子も、お互いの精神安定のためには個室という存在はありがたいものなのです。だからもし余裕があるなら、子ども部屋はあってもよいと思うし、きちんと1人になれるよう戸や扉などはついていていいと考えます。または、小さいうちはオープンな空間でも、自立の時がきたら個室にできるような間取りにしておきましょう。もちろんドアもつけられるようにしておきましょう。

個室を与えると勉強をちゃんとしているか、ネットやゲームばかりしていないかなど気を揉むかもしれないけれど、思春期に入った子どもは半分大人です。子どものことは、もう子ども自身に任せていいのではないでしょうか。 

◆子ども部屋は必要最低限でよし!

また、子ども部屋が快適すぎる必要はないでしょう。空調も整備され、テレビ、電話、パソコンとこれらが揃うとそれこそ子どもは子ども部屋に籠ってしまいます。

お互い話をしない時期があっても、子どもの様子を見守ることは必要です。したがって居間に家族が集まる工夫をすること、そのために子ども部屋は「最低限のものが揃っていればいい」と割り切る考え方も必要です。

「頭のよい子」の話が出ましたが、子ども部屋の「勉強机」については熟考してみてもよいと思います。たいてい小学校入学に合わせて買い揃えますが、そこが物置と化すケースは多いです。欲しがった時にシンプルな机を購入するか、それこそ必要な時に広げられるちゃぶ台でもいいのではないかと思います。

◆子どもが巣立った後の使い道も考えておく!

最後になりますが、これから自宅を建てたり購入する人は、長いスパンで考えて間取りを選んで欲しいと思います。子ども部屋の在り方はもちろん、子どもが巣立った後の使い道などを考えながら、自宅の間取りを検討してみましょう。

それでは、また!!(今日もお元気で、ステキな一日をお過ごしください(^^♪)

 >徳島のZERO-CUBE建築作品集はコチラから

 

 

SNS

インスタグラム(zerocube_徳島)
インスタグラム(lifelabel_official)

関連サイト

▼LIFE STYLE診断であなたにピッタリの家を探そう!
LIFE LABEL 公式サイト
▼コスパ抜群、プチカスタマイズ可能な新築マイホーム!
住宅商品ラインナップ
▼戸建ライフを愉しむスタイルマガジン!
LIFE LABEL MAGAZINE

木内 淑規

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事

ZERO-CUBE南昭和モデルハウスご見学ご予約サイト

最近の記事

  1. ■「フラット35」、金利を据え置きました!!

  2. ■「住宅ローンの繰り上げ返済」の方法!

  3. ■コロナ禍で住宅ローンに不安を感じたら?

  4. ■ 光触媒コーティングとは?メリット・デメリット!

  5. ■子供部屋は必要?メリット・デメリット!

営業時間・情報

088-674-1470
【年中無休】
AM 9:00~PM 7:00