■家づくりのIoT化で快適な暮らし!

■家づくりのIoT化で快適な暮らし!

さて、今回の家づくりの基礎知識は、「家づくりのIOT化」についてです。

IoT住宅とは、設備にIoT機器・IoT技術を取り入れた住宅のことを指します。最近では家電自体の自動化だけでなく、インターネットとつながることで音声認識や遠隔操作なども可能になっております。

IT技術の進化とともに私たちの生活は日々便利さを増しています。エアコンや冷蔵庫、洗濯機、インターフォン、掃除機などさまざまな電化製品のIoT化を受けて、今後はますますIoT住宅の需要が高まっていくのではないか思われます。

◆スマートハウスとの違い!

スマートハウスは、IoT住宅より早く2010年頃から普及してきた言葉です。IoT住宅と間違えられることもありますが、スマートハウスは、太陽光発電や蓄電池を備えた住宅です。

HEMS(Home Energy Management System:ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)というシステムによって家庭の電気使用量を見える化して、コントロールすることで住宅の省エネを目指します。IoT住宅もスマートハウスもIT技術を活用する点は共通しています。IoT住宅は、利便性や快適性を高めて住環境をよりよくすることが目的です。スマートハウスは、エネルギーコントロールで省エネ・節電を重視しているため、この点が大きな違いと言えるでしょう。

◆住宅のIoT化を加速させる新技術!

最先端技術を搭載した家電や設備がつぎつぎと登場している現在、これからも住宅のIoT化が加速していくと考えられています。その主な要因として以下の2つが挙げられます。

  • ・AI(人工知能)の発展!

スマートフォンの音声アシスタントや掃除ロボットなどは、すでに身近な存在です。最近ではハンドルを握らずとも運転してくれる自動運転技術や、センサーで商品を識別する技術なども登場しています。今後AIがどのように発展していくか、どのように活用されていくか、可能性は未知数です。日々研究や開発が進められており、家庭内で多くのIoT機器と共存していく未来も想像できます。

◆5Gへの対応!

2010年代に登場した4G(第4世代移動通信システム)でスマートフォンの通信速度が早くなり、大容量のコンテンツが楽しめるようになりました。そして2020年代に入って、5G(第5世代移動通信システム)商用サービスが始まり注目を集めています。5Gの特徴として以下の3つが挙げられます。

  • 高速大容量通信
  • 高信頼で低遅延通信
  • 多数同時接続

5Gでは、スマートフォン以外の端末も高速通信が可能になり、4K・8Kなどの高画質で動画鑑賞を楽しめます。低遅延通信では、これまで以上にリアルタイム性が高まり、自動運転や遠隔医療の可能性も広がるでしょう。また、4Gより約10倍の台数との同時接続が可能で、さらに住宅のIoT化の発展が期待できます。

◆住宅のIoT化で何ができるのか?

住宅業界では、今後ニーズが高まるIoT化に向けて、さまざまなサービスや設備の開発に取組んでいます。少子高齢化や共働き世帯の増加という社会的背景にともない、人々の暮らしにも変化が表れていることから、住宅設備やサービスに関してもニーズに合ってくるでしょう。代表的なIoTには、次のような機能が挙げられます。

①家電や設備をスマートフォンで操作!

照明や玄関の鍵などにIoTデバイスを導入することにより、電源や鍵に直接触らなくても操作できますスマートフォンやタブレットに入れたアプリ上で、電気のオンオフや玄関の施錠が可能になる仕組みです。外出先からスマートフォンひとつで部屋の電気を消灯できたり、玄関の鍵を施錠できたりすることで、住む人の利便性は大きく向上します。なかには、窓の開閉状況がスマートフォンに通知されたり、異常を検知したときにアラートが出されたりするなど、セキュリティ機能を備えたサービスもあります。

②住宅エネルギーの最適化!

電気やガス、水道などの生活にかかわるエネルギーの使用量をデータ化し、ネットワーク経由で管理することにより、光熱費の削減やエネルギーの最適化が図れます。近年では、家庭内のエネルギー使用量を見える化できるHEMSに関心が寄せられています。そのため、異なるメーカーの製品でもHEMSに対応できるIoT製品やAI設備の開発も出てきております。住宅エネルギーの最適化は、家庭内の不要なコストを減らし、生活の質の向上につながります。

③遠隔地からの見守りサービス!

遠隔地から見守りができるIoTを住まいに導入することにより、高齢者や子どもに起こりやすい家庭内の事故を防止したり、緊急時はスマートフォンに通知したりといったセキュリティの強化が可能です。また、遠隔操作によって、掃除や洗濯といった家事を効率化できるなど、住む人の生活スタイルに合わせた便利な設定も可能です。IoTに対応した住宅は、離れた場所に高齢のご家族がいる場合や、子育てと仕事を両立している世帯において必要性が高いと言えるのです。

◆次世代住宅プロジェクト!

IoTにおける必要性の高さは理解できるものの、いざ導入するとなると、まだまだハードルが高いというのも事実です。そのようななか、国土交通省では、住まいのIoT化による住宅市場の価値や生産環境を向上するために、住宅関連事業者に向けた“次世代住宅プロジェクト”という施策を実施しています。

これからIoT技術を活用した住宅を建設する場合や、省エネ性能に取組む場合、一定の要件を満たすことで補助金を受けられるという制度です。補助費用には、IoT技術の導入費用やマネジメントの整備費用、シミュレーション費用なども含まれます。IoT化の家づくりを進めるにあたり大きな手助けになると言えるでしょう。

◆まとめ!

AIの発展や5Gへの対応によって、さまざまなIoT機器が開発され、家づくりのIoT化の需要はさらに高まっていくでしょう。新築やリフォームの際に大規模に行う場合もあれば、家電製品とアプリを活用するなどの小さいことからも始められますのも魅力のひとつです。家づくりのIoT化は、家事の効率化や高齢者の見守りをサポートすることで便利になるだけでなく、住生活の質の向上にもつながるでしょう。そして今後は、家づくりのIoT化によってさらなる新しい生活スタイルも期待できるでしょう。

それでは、また!!(今日もお元気で、ステキな一日をお過ごしください(^^♪)

 

 >徳島のZERO-CUBE建築作品集はコチラから

 

SNS

インスタグラム(zerocube_徳島)
インスタグラム(lifelabel_official)

関連サイト

▼LIFE STYLE診断であなたにピッタリの家を探そう!
LIFE LABEL 公式サイト
▼コスパ抜群、プチカスタマイズ可能な新築マイホーム!
住宅商品ラインナップ
▼戸建ライフを愉しむスタイルマガジン!
LIFE LABEL MAGAZINE

木内 淑規

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事

ZERO-CUBE南昭和モデルハウスご見学ご予約サイト

最近の記事

  1. ■1.0%、金利が上がれば大変!!

  2. ■ボーナスをあてにしない住宅ローンの組み方!

  3. ■【家づくりの基礎知識】機能付き室内扉の種類と特徴!

  4. ■ペットと暮らす家づくり 設備&アイテム編!

  5. ■フラット35、金利を引き上げました!!

営業時間・情報

088-674-1470
【年中無休】
AM 9:00~PM 7:00