「フラット35S」の優遇金利が滅茶苦茶!

「フラット35」の優遇金利がめちゃくちゃです。

【フラット35】の概要と特徴

不動産イメージ

【フラット35】とは、民間金融機関と住宅金融紫雲機構(旧住宅金融公庫)との提携による住宅ローンです。
建物完成後に、土地と建物に対して100%を限度に融資してくれます(独自基準あり=適合証明書)。(ただし、土地代金の融資金交付は建物と同時であるため、土地の先行決済の場合、つなぎ融資が必要になります)

金利は完全固定金利でも保証料や繰り上げ返済手数料は0円、すなわち無料です。
完済年齢は80歳未満と、地方銀行などの76歳未満よりも約4年長いです。
融資事務手数料は融資額の2.1%でも戸建て住宅の場合、床面積70㎡(マンションは30㎡以上)から利用できます。また、民間の銀行と比べて特筆すべきなのは、団体信用生命保険に加入できない場合でも融資申し込みが可能なところです。

さらに、省エネなどに優れた住宅の場合、借入金利が一定期間引き下げられる【フラット35S】も出てきました。

この【フラット35S】の優遇金利がまさにメチャクチャな状況です。

【フラット35S】とは、【フラット35】を申込み、省エネルギーや耐震性に優れた建物を建てた場合に、一定期間借入金利を下げてくれる制度です。
その原資は政府の予算からの援助ですので、予算見込み金額になった時点で申し込みは終了です
従来、【フラット35S(金利Aプラン)】の場合、当初10年間は年0.3%も引き下げでしたが、

今年平成27年の2月9日から来年平成28年1月31年間の一年間は0.3%優遇幅を上積みし0.6%も引いてくれるのです。

その結果、当初10年間は10年固定期間選択型と同等の金利。さらに残りの年数も現在の最低レベルの金利で固定されることになります。

これはもはや異常としか言いようがないアベノミクス・・・。
消費税が10%になる前の最後の打ち上げ花火のような気がします。

(しかし、こんなことして本当に大丈夫なのか心配です・・・)

「まさにここまでやるか・・・!」

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事

ZERO-CUBE南昭和モデルハウスご見学ご予約サイト

最近の記事

  1. ■景気と住宅ローンの関係とは?

  2. ■樹脂サッシの仕組みと性能!

  3. 決算処分市!ZERO-CUBE+box (4LSDK+WD+RB)ラスト1棟!

  4. 【新型コロナ!】4ヵ月ぶりに住宅ローン金利が下がりました!

  5. ■リバースモーゲージのメリットとデメリット!

営業時間・情報

088-674-1470
【年中無休】
AM 9:00~PM 7:00