■「部屋の結露やカビを抑える 壁装材」

「部屋の結露やカビを抑える 壁装材」

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクト”創業59年、ダイヒョウ株式会社です。さて、今回は、家づくりの基礎知識シリーズ建築資材・工法編です。調湿する壁装材についてお伝えします。

◆湿度を調節する壁材で心地よい毎日に

(出典:【公式】MDI ROOMコンシェルジュ)

空間のイメージを左右する壁材や天井材には、クロス(壁紙)や塗壁、木、タイルなど多種多様な素材が用いられます。素材や商品ごとに特徴がありますが、最近では、快適さを高める機能を持たせた商品も多くみられるようになりました。

特に注目されるのが、調湿機能です。

空気中の湿度を調整し、快適な空気環境を保ち、部屋の結露やカビを抑える機能を持つ建材商品が提案されています。湿気の気になる洗面室やトイレ、納戸やクロゼットはもちろん、リビングやダイニング、寝室などに用いることで、夏場の湿気や冬場の乾燥を抑え、心地よく過ごすことができるでしょう。

また、室内の湿度をコントールできるとウィルスの増幅や菌の繁殖を防ぐこともできます。人が心地よく快適と感じる45%~60%の湿度環境をウィルスや菌は、苦手とします。一般的に、ウィルスは、高い湿度に弱く菌は、低い湿度に弱いと言われています。

(現在猛威を振るっている新型コロナのウィルスには、室内の湿度に関する根拠はまだありません)

最近では、デザイン性も考慮した、プランニングしやすい素材や 商品が揃っています。 珪藻土などの自然素材、機能タイルやパネルなど、用いる空間に合わせてコーディネートが可能です。

◆珪藻土 商品も多種多様。性能の確認を

(出典:有限会社 片岡工業)

調湿性を持ち、快適な空間を生み出す素材としては、まず自然素材を用いた塗壁が挙げられます。

塗壁にもさまざまな種類があり、その特徴は異なりますが、馴染みがあるのは珪藻土でしょう。

珪藻土は、海や湖などに生息していた単細胞の植物プランクトンの死骸が堆積して出来た土層から採取されるものです。多孔質であることから、調湿性、保温性、断熱性に優れる素材です。石膏ボードに直接塗り付けられるもの、炭や繊維など他の素材を組み合わせた商品など多種多様なタイプが揃っています。選ぶ際には、求める性能を持つタイプかどうか、用いる空間に適しているか、十分に検討することが重要です。

◆クロス 下地材などとトータルに検討を

(出典:株式会社シェアテック)

一般的な住宅に広く用いられるクロスにも、調湿作用を持つタイプが多くみられます。

たとえば、紙や織物など、天然素材を用いた壁紙などもありますし、珪藻土や竹炭パウダーを含んだタイプもみられます。ただ、注意したいのは、クロスだけで珪藻土など他素材のような調湿機能を期待するのは難しいということです。下地材とトータルに検討することが大切なので、事前に確認することが大切でしょう。

◆機能タイルもちい方で空間のイメージも大きく変わる

(出典:有限会社ADS計画研究所)

タイルは、耐久性や耐水性に優れるため、主に水まわりに用いられる素材ですが、最近では居室の壁や床材などでも、取り入れられるケースもみられます。

特に、微細な孔を持つ原料を用いて調湿機能を持たせたタイル商品は、洗面室やトイレ、玄関、リビングやダイニング、ベッドルームなどで用いる例も増えてきているようです。テクスチャーやデザインのバリエーションも豊富になり、さまざまなインテリアに合わせることも可能で、壁面を個性的に仕上げることもできるでしょう。

◆パネル状の建材デザインバリエーションも豊富に

(出典:株式会社 オオムラ)

建材メーカーからは、基材に特殊な加工を施すなどして、調湿や消臭、化学物質を吸着するなどの機能を付加したパネル状の壁材もみられます。

結露やカビの発生を抑える機能だけでなく、臭いの原因とされる物質を吸着する機能、ホルムアルデヒドを吸着するタイプなども製品化されています。湿気が気になる納戸やクロゼット、バスルーム、隣接する洗面室などに向いているタイプが揃っています。カラーバリエーション、立体感のある模様や織物のような柄も揃い、さまざまなコーディネートも可能です。

また、壁だけでなく、天井に適する商品もあるので、空間に合わせて検討することができるでしょう。

◆まとめ

それぞれの素材や商品はの細かな機能性は、専門的な部分もあるので、具体的にどのような性能なのか、ショールームアドバイザーの説明を参考に、設計担当者と一緒に確認をしましょう。

選ぶ際には、デザインも含めて、ショールームで実物を確認することが大切です。その上で、住まいの環境や間取りに合わせ、空間の特性に適した素材を選択することがポイントでしょう。

それでは、また!!

SNS

インスタグラム(zerocube_徳島)
インスタグラム(lifelabel_official)

関連サイト

▼LIFE STYLE診断であなたにピッタリの家を探そう!
LIFE LABEL 公式サイト
▼コスパ抜群、プチカスタマイズ可能な新築マイホーム!
住宅商品ラインナップ
▼戸建ライフを愉しむスタイルマガジン!
LIFE LABEL MAGAZINE

木内 淑規

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事

ZERO-CUBE南昭和モデルハウスご見学ご予約サイト

最近の記事

  1. ■ 「車庫のサイズ」を確認しよう!

  2. ■ 浴室のプライバシー!

  3. ■ フラット35 4か月ぶりに金利が下がりました!

  4. ■イザという時、あわてない『変動金利のリスクを回避する方法!』

  5. 住宅ローンに人生をつぶされないための方法とは?■家族の生活をよくする「住宅ローンの返済期間の変更ポイント!」

営業時間・情報

088-674-1470
【年中無休】
AM 9:00~PM 7:00