家づくりの基礎知識「要望を整頓整理!!」

こんにちは。”私たちにちょうどいい家(R)プロジェクトDaihyoTV”の木内淑規(きのうちとしのり)です。

さて、今回は、好評いただいております、「家づくりの基礎知識シリーズ」です。

◆住まいで何を一番大事にしますか?何人で住みますか?

家づくりの目的は、家族のコミュニケーションを育み、家族のコミュニケーションをより豊かなものにしていくことにあります。住宅のプランを考えることは、突きつめると「どのような家族の団らんをつくるか」と言っても良いでしょう。

家族の団らんをつくるには、「リビング・ダイニング」や「キッチン」はとても重要な役割を果たします。具体的には次のようなことを考えていくことが大切です。

●リビング・ダイニングで考えること

  • 家族で主になにをするか・・・?
  • 家の内部の計画は・・・?
  • どんなレイアウトにしたいか・・・?
  • インテリアのイメージは・・・?

●キッチンで考えること

  • 家の内部の配置計画は・・・?
  • どんなレイアウトにしたいか・・・?
  • キッチン内の架電設備は・・・?
  • インテリアのイメージは・・・?

始めに、家に求めるものを明確にし、そこから広がるイメージの中で必要なものを整理していきます。それを繰り返すことで自分と家族のライフスタイルを確立させていくのです。

◆ゾーニング計画

ゾーニングとは、文字通り住まいをいくつかのゾーンに分けることです。住宅の機能は大きく3つに分けることができ、ゾーンも通常それに合わせて次のように3分割します。

1. パブリックゾーン

リビング・ダイニングなど家族全員が集まり、使うゾーン

2. プライベートゾーン

夫婦の寝室、子ども室、老人室など家族それぞれが使うゾーン

3. サービスゾーン

キッチン、ユーティリティ、浴室、トイレなどの生活に必要なサービスを受け持つゾーン

これらのうちパブリックゾーンを中心にもってきます。プライベートゾーンは、パブリックゾーンの音や視線の影響を受けにくい位置に設けるとよいでしょう。また、サービスゾーンは、パブリックゾーン、プライベートゾーンとそれぞれと等距離にあるのが望ましいといえます。それぞれのゾーンの大まかなボリュームについても将来のリフォームなどを想定しながら検討しておきます。

大まかなゾーニングが決まれば、各ゾーンをさらに細かく「○○空間」といったように分類し、それぞれを廊下や階段でつないでみます

何となく間取りの形が見えてきませんか。ゾーニングの基本を押さえておけば、敷地に接道している道路が北側でも南側でも全体の関係性と調和が得られます。

あなたのマイホーム創りのご参考にして下さい。

それでは、また。

1962年(昭和37年)徳島県徳島市生まれ。血液型O型。地場の自動車ディーラー株式会社ホンダクリオ徳島にて、営業・マーケティング・支店運営責任者を歴任。米国の先進的営業手法教育プログラムPSS(プロフェッショナル・セリング・スキル)を体得し、商圏が小さいにもかかわらず大都市圏の強敵ライバルを抑え、中四国地域販売台数トップセールスに5年連続輝く。平成2年家業大表建設株式会社(現社名:ダイヒョウ株式会社)に転職。専務取締役歴任後、代表取締役に就任。平成10年インターネットに出会い、日興証券のエンジェルキャピタルを得た株式会社アルファベティックアクション(現在、株式会社KSKアルパ)のシステム開発に参画する。以降、インターネットマーケティングの研究と各種携帯電話ソリューション事業を展開。2005年11月に、高齢者向け賃貸住宅コンサルティング、アパマン経営コンサルティングなどの各種コンサルティング事業を手がける有限会社ウェルライフ徳島を設立。同、代表取締役に就任。現在、全国のクライアントの個別コンサルティング及び小口不動産ビジネススキーム構築のために全国行脚を積極的に展開中。 家族は4歳年下の妻と一女二男と犬2匹。

関連記事